本文へスキップ


私が中折れを改善できたお話(5)

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                                                          

■男性機能向上とトンカットアリの成分

トンカットアリの根には、大量のカッシノイドが含まれています。

抗腫瘍活性スクリーニングにおいて、トンカットアリより得られる抽出エキスは強い活性を示し、その活性成分として3種の新規スクワレン型トリテルペンエーテルを単離し、高度に酸化段階の進んだ多くのC19及びC20型の新規カシノイドも単離しました。

C20-カシノイドであるユーリコマノン、ユーリコマノル、ユーリコマノル-2-O-β-D-グリコピラノシド、またC-7ではなくC-12でラクトン結合する構造を持つC19-カシノイドのユーリコマラクトン、およびC18-カシノイドであるラウリコラクトンAおよびBがすでに分離され、そのいくつかはインヴィトロで抗マラリア活性を示すことが明らかとなりました。

さらにn-ブタノール抽出物について調べたところ、C-7でラクトン結合を形成しロンギラクトンと命名した新規のC19型カシノイド13、12-ジヒドロユーリコマノン、13β,21-ジヒドロキシユーリコマノンおよび14,15β-ジヒドロキシクライネアノンという新しい細胞毒性カシノイドが、既知のユーリコマノンおよびユーリコマノルとともに分離されることが確認されました。

(参考文献)

男性性機能改善効果の研究
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21092065/
 精子濃度、精子運動能が上昇の研究
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23464350/
 抗糖尿病、抗細菌、解熱などの効果研究
https://himitsu.wakasa.jp/contents/tongkat-ali/
 ストレスホルモンのコルチゾールの減少効果の研究
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3669033/


トンカットアリと勃起のメカニズム
トンカットアリの根には、大量のカッシノイドが含まれています。
このカッシノイドには、抗腫瘍・抗がんの効能があることが、東京薬科大学の研究により判明しています。
また、トンカットアリがペニスの勃起レベルを向上させるメカニズムについては、性的興奮作用とエネルギーの産生作用で性行為を助長させます。
性的興奮作用では、PDE(ホスホジエステラーゼ)Vという機能の働きを阻害することにより、細胞のサイクリックGMP(グアノシン1リン酸)濃度を増加させることで、海綿体への血液の流入を促進し勃起引き起こし、またエネルギーの産生作用では、PDE ⅡPDE Ⅲ の働きを阻害することで、細胞サイクリックAPM(アデノシン1リン酸)の濃度を増加させ、合成されるテストステロンの量を増やすことで、海綿体への血流を促進し勃起を引き起こしやすくします。

トンカットアリと精子の関係
alaya 大学の生化学研究局(Johari M Ali et al)によれば、トンカットアリを1週間服用した後では、精巣で作られる男性ホルモンのテストストロン(testosterone)の値が480%増加する結果が得られ、トンカットアリには、精子数を増加させる作用があることが確認されています。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。

テストステロンには2種類あり、テストステロン単独で存在する遊離テストステロンと性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と結合しているテストステロンです。

このうち性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と結合しているテストステロンは、男性ホルモンとしての機能を果たさず、遊離テストステロンが男性ホルモンとしての機能を発揮します。トンカットアリはこの性ホルモン結合グロブリン(SHBG)を減らして、遊離テストステロンを増やす働きがあります。

私が中折れを改善できたお話(6)に続く

今、男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により勃起機能の強化や精子の数も増加することが確認されました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから