本文へスキップ


5分で、気になる症状の原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.














                              

40代を過ぎた男性は徐々に精力減退や勃起力が低下していきます。
男性ホルモン(テストステロン)は、生殖機能の働きを促す働きがあり、分泌量が低下してくると、勃起力もなくなり、性欲そのものが低下するだけなく、射精をコントロールする射精閉鎖筋の機能も衰え、その結果早漏になったりもします。
性欲低下、精力減退、勃起力低下の原因を改善させることで、男性機能を回復させることはそれ程難しいことではありません。
男性の性的障害の原因には男性ホルモンのテストステロン減少が根底にあります。
そこで男性機能を回復させるテストステロンの分泌を促進する効果があると、今注目されているのがトンカットアリです。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。