本文へスキップ


5分で、性欲が弱い原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■性欲が弱いのはなぜ

私たちのもつている本能の食欲や性欲は、大脳辺縁系の支配を受ける生きていくための基本的な欲望で生存本能です。

性欲に生殖本能が占める割合は低く、それよりも現代の人間は生殖とは無関係に「発情」することが可能になっています

しかし、男性は、精子が溜まらないと性欲は起きてこない
性欲が弱い要素として、健全な成人男性は、精子は精巣で連続的に作られるため、精子の蓄積量が満杯になると射精欲が発生します。
30代までの成人男性の精子製造量は1日、3億個であり1回の射精でそのすべてが放出されます。
精子が3億個溜まる状態で放出したい欲求がある場合は、性欲が弱い状況では有りません。

性欲の発性は、体内精子を新しい精子と入れ替える為に起こりますが、性欲が弱いと欲求低下し、溜まった精子を放出しない状態なので体に良くないのです。

内側視索前野は脳の性中枢であり、その大きさは、男性は女性の2倍から3倍あり、この性の欲求は男性ホルモン特有の支配と攻撃の欲とも言えます。
男性には溜まった精子を放出しようとする射精欲があり、その欲求が低下した状態が性欲が弱い状態です。

性欲は個人ごとに差があり、性欲が弱いことは、個性みたいなとらえ方もできるのですが、最近の男性は全般的に性欲が弱くなってきているようです。

脳で性欲をコントロールしているのは視床下部の中で、第一性欲中枢と第二性欲中枢の2つの器官です。

第一性欲中枢はセックスを欲する機能を担当し、第二性欲中枢はセックスを実行する役割を担当しています。
男性の場合は、食欲が満たされた状態では、性欲も減退しますが、男とは反対に豊かな環境では女性は満腹中枢が満たされ性欲が高まります。
発展途上の国と異なり、生きていくための基本的な条件が満たされた、日本のような成熟した社会では、草食男子・肉食女子の生まれる環境下にあると言えます。

性欲の低下要因の一つには、精子製造に関することがあるようですし、その原因は
男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下にあると考えられています。

男性の精巣は精子をつくる他、男性ホルモンのであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。
まず、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が、性欲を増大させペニスを勃起させるには必要になります。
この視床下部への刺激物質テストステロン濃度の増量は性的衝動には最も重要です。

男性の性欲と生殖機能を高めるテストステロンの一番重要な働きしだいで、勃起不全や中折れが起こらなくなります。

体内のテストステロンの量や濃度が加齢などにより低下することで、生殖機能が衰え、中折れや勃起不全の要因となります。
中折れや勃起不全(ED)は、生殖機能が衰えによる勃起機能の低下のことで、男性なら誰にでも起こる可能性がある病気です。

勃起不全は、性交時に必要な勃起ができないため、また勃起の維持できない場合満足な性交が行えない状態」と定義されています。
現在、日本でも40~70歳の男性の50%以上が何らかの原因で勃起不全だと考えられています。

性中枢を高め性欲低下を避けるには、性中枢へのマッサージやポルノビデオをレンタルビデオ店で借りてきて、鑑賞する又は、アダルト小説やなどを読み、性中枢を高めると性欲低下を避けることができます。

男性は、特に目や耳からの刺激が性中枢を刺激し、男性ホルモンの分泌量を増やし結果的に性機能低下を防止できます。
勃起強化のトレーニングも有効な方法です。

そして、性生活のマンネリ化を解消する為に、環境や性交方法を変えることで、性中枢への刺激を高めることで性欲低下を防ぐ事が出来ます。

今、性欲を高め男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから