本文へスキップ


なぜ、中高年はマスタベーションをするのがいいのか。

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■性機能とマスタベーション

男性は、中年の40~50代になると男性ホルモンの分泌量が低下にしたがい、性欲も減退します。
そして、異性への興味もなくなり精力減退と同時に勃起機能も落ち、中折れ症状もでてきます。

成人の男性は、精子は精巣で1日3億個ほど連続的に作られ、精液が睾丸から分泌され精子の蓄積量が精のうで、満杯になると射精欲求が生まれ、勃起準備の状態となり性的刺激に敏感になります。

精子は、毎日連続して3億個ほど作られますが、それが放出されないと精子をつくる機能が低下していきます。
精子は放出されず満杯の状況が続くと、生殖機能低下により異性への興味もなくなると同時に、性欲も低下して勃起機能も下向落ち、中折れ症状もでてきます。

生殖機能は使わないと減退するので、睾丸の機能を維持するにも定期的に射精した方が良いのです。

四〇代五〇代になると性力減退を感じる人が増えてきますが、性機能障害や糖尿病などの男性以外は、早く精力や性欲が低下するのは、若いころからあまり性行為をせず、精子を放出しない為に、精子を製造する機能が低下しているとも考えられます。

このことから、性行為やマスタベーションを謹んだりして、射精機会を逃している為、人よりも早く精力や性欲が低下した要因と思われます。

性行為やマスタベーションをしたときに、精のうに溜まっつた精子が、強く収縮して絞りだされペニスから外に排出される射精という行為が無くなると、精のうは収縮力が弱まり精子を吸収する力も弱くなり、しぼんだ風船かゴムまりのようになってしまい、長期間、射精をしないことで精のうはその機能が停止してしまいます。

このことから、射精は性行為のときだけではなく、マスタベーションによる射精を行うことで、連続して精子を作る睾丸の機能を維持することができるのです。

そして、年をとるごとに性欲が減少してくることでマスタベーションをしないと、精液は精のうに止まり続け、比例して新しい精液の供給力は低下してきます。
つまり、中高年でも性欲を外部の刺激なので高め、性行為やマスタベーションによって精液を排出することが重要なのです。

年々身体機能が衰えていく中高年こそ、睾丸機能を退化を防ぐ為にもマスタベーションを定期的にして精液を射精することが必要です。

妻帯者やパートナーがいても、マスタベーションは別な意味で中高年男性には大切な健康維持行為なのです。

最近の研究結果で、射精をする前に男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増え、射精時をピークにしてその後下降するということが証明されました。

生殖機能の働きで射精をする前後で、大きく男性ホルモンが変化し、射精をすると男性ホルモンが増加するということです。

結論から言えば、射精しないと性機能は低下していくので、性行為が長いない場合は時折、中高年男性はマスタベーションで射精する方がいいのです。

今、性欲を高め男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから