本文へスキップ


5分で、精力減退の5つの原因と症状がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■精力減退の原因と症状

中年男性の精力減退の原因は、加齢による肉体的疲労や精神的疲労が、
関係しています。

具体的にはテストステロンの分泌量の低下や、事故などで中枢神経が遮断された場合には、結果的に生殖機能が十分に働かなくなってしまうのです。

精力減退の原因と症状は5つに分かれます。

■加年による男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下によるもの

フリーテストステロン値の年齢分布図


男性ホルモンの分泌は年齢によって変化し精力のピークは25歳で30歳から減少しています。
男性ホルモン(テストステロン)とは、生殖機能の働きに重要な役割持っていますから、分泌量が低下すると勃起する力や射精をコントロールする機能も衰えて、その結果早漏になったりもします。
その為、日頃の生活形態や食生活を改善することで、精力減退の予防や減退速度を遅らせることができます。テストステロンの分泌量が低下しても、テストステロンの分泌をサプリメントなどで、補えば、生殖機能の衰えを防ぐことができます。

■性行為への不安や自信喪失など、精神的な要因で男性ホルモン分泌の減少

精神的な例としては、意外と多いのが女性の言葉でショックを受け自信喪失し、性欲も精力も減退してしまうことです。
女性の方にはそんなつもりがない一言で、男性がショックを受け精力減退し勃起不能や中折れ状態になることも多い。
また、性行為以外でも、人間性やプライドを傷つけられた場合にも、突然EDや中折れになることが有ります。

うつ的に落ち込み自律神経の変調や、ストレスや蓄積疲労の場合も、精力減退が低下して勃起不能になってしまいます。

■前立腺や高血圧・心臓病・糖尿病などの病気による男性ホルモンは減少

精力が減退することは、糖尿病が良く知られていますが、慢性の病気である腎臓や肝臓などでも精力減退は起こります。
原因である病気を治すことで、生殖機能も復活し性欲や精力減退も改善されます。

■薬を飲むことで、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの分泌が減少

どのような薬でも、服用による副作用あり、処方量以上に飲みすぎると、いつの間にか生殖機能が不調となり、精力減退の原因となることが有ります。
そして、ドラッグ(シンナーや覚せい剤そして麻薬、)を常用すると、神経に変調や麻痺がおこり、刺激にも反応しなくなると同時に勃起しなくなります。
また、中毒も同じで、タバコやお酒によるニコチンやアルコール依存症の場合も神経が侵され勃起しなくなります。
環境ホルモン(化学物質)の影響でも同じような症状が出てきます。

■事故などによる中枢神経の遮断によるもの

中枢神経の遮断とは、事故などで背骨を損傷した場合にも、精力減退は起こり勃起不能となることがあります。
中枢が通っている背骨の脊髄には、ペニスを勃起させる役割の勃起中枢神経が通っており、事故などの原因で遮断されると、何度も大脳から勃起するように指示してもペニスに伝わらず、完全な勃起不能な状態になってしまいます。
この場合は、精力減退とは異なり完全に生殖機能が機能停止になったということで、このような場合は、どんな薬や精力剤・サプリメントを使用しても、回復は出来ません。

今、性欲を高め男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから