本文へスキップ


5分で、膣内で射精できない原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■膣内で射精できない(膣内射精障害)

射精障害は、大きく分けて2つあり、早く射精しすぎる早漏か、射精に時間がかかりすぎる遅漏です

膣内射精障害とは、自慰行為では射精できるが性行為では射精できないという症状を言います。

20代から40代の男性の内で、射精できない、毎回は射精できない男性は驚くことに4.9%もいるようです。
一般的に年齢と共に射精機能が低下していき、精液量の減少や射精の勢いの低下などで衰えを感じることが多く、男性の悩みになっています。

また加齢により男性の絶頂感が徐々に低下することもありますが、それは、オナニーでペニスを握る力が強いために、セックスでの女性器の摩擦による刺激では、快感が感じることが出来ず、性交では膣内で射精できないという症状も性機能障害のひとつです。

男性不妊症で調べた男性549人のうち46人が、いずれかの射精障害であり、、その内膣内射精障害が16人だったという結果があったそうです。

膣内射精障害の病因は、心因性のものと不適切な刺激方法によるものに分けることができ、大部分は不適切な刺激方法、つまり、不適切なマスターベーションによる射精が原因です。

布団や畳などでペニスを圧迫して射精する、手を使わないマスターベーション射精で、男性器を手で上下にこする通常の方法と異なり、強く圧迫することで快感を得るマスターベーションです。
この圧迫して射精することが習慣となると、性行為で射精することはもとより、手でのマスターベーションで射精することは、できない状態になってしまいます。

マスターベーションのときに、通常男性が男性器を握る握力が平均4.25kgにたいして、強すぎる圧迫で射精障害になっている男性はほとんどが、10kgを超えていたという調査結果があります。
また、女優のアダルトビデオ等での過剰な感じる演技に慣れた男性が、自分はあのように)女性を感じさせることができない、その劣等感を強く持ってしまうこともあるようです。

膣内射精障害の改善方法とは、

膣内射精障害の症状になった場合、正しいマスターベーションによる射精をすることが改善方法として一番のポイントです。
アメリカで射精障害では、膣内射精障害が報告はなく世界の中でも日本特有の症状出そうです。

根本原因は、オナニーの際の圧迫が強いために、セックスでは女性器による刺激では、快感が起こらないことなので、女性器で快感が起こるようにすることが重要です。

対策としてコンドーム内側に潤滑剤をつけたコンドームを付け、腟内のぬるぬるした状態を再現し、圧迫は弱くして適度なピストン運動で刺激し射精する方法がとても効果的で大切です。

また、バスルームでローションをつけ、弱めな刺激で射精する方法も有効的です良いと思います。
マスターベーション用のグッズのオナニーホールで、弱い刺激で射精する方法も良く、膣内の感触に慣れることで性行為による射精が出来るようになるようです。

膣内で射精できない症状の男性膣不感症の改善方法としては、テストステロンの分泌量を増やし、ぺニスが刺激を受けた場合、副交感神経系のシグナや交感神経系のシグナルが正常に役割を果たすようにすることも重要です。

今、性欲を高め男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから