本文へスキップ


5分で、精力減退の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■精力減退の原因と対策

長い間ペニスを刺激せず射精をしないと、筋肉や手足と同じく機能が低下し、精力減退となり性欲も低下して、異性にも興味を無くなってしまいます。

精力減退により射精機能も使わなければ、機能が衰え精力減退になり性交への欲求も低下してしまいます。
男性には、常に睾丸からつくられる精子を溜めておく精のうがあり、この精のうは、大変重要な働きをします。
精のうは、使われなかった精子を破壊したり、または精子を吸収して体内の活力源へと送り出します。

精力減退の原因どんなに優れた性機能でも、明確な目的にしたがって使用していかなければ、機能不全あるは機能停止に追い込まれてしまうのです。
射精をしないでいると、性機能に関係する精のうの機能が失われ精力減退となり中折れや勃起力低下を引き起こします。

射精行為をどのぐらいの間しないと、精のうの機能が低下して精力減退の症状が出てくるかは、人により差があります。

また、男性ホルモンの分泌量が多い若い人よりも、年配者のほうが精力減退や機能の衰えは早く、若いときと異なり異性への興味もなくし、セックスに消極的になるようです。

このことから、いつまでも精力が減退しない為には、中年以降も規則正しい性生活をおくり、射精行為おこなうことがいいようです。

例として、新型コロナによる不景気が続き、リストラや倒産を心配する状況では、性生活も低調となり結果的に精力減退になりますが、中年は頑張って精力減退を避ける為にも、性生活をおくるり射精行為をおこなうことで、精力減退を防ぎ精力を取り戻すことができます。

勃起するしくみ
精力減退を防止
ペニスの勃起角度と硬度
勃起強化のトレーニング方法
ペニスのサイズを判定


精力を高める方法として

交通事故などで脊椎を損傷し、性器や精のうには異常がなくても勃起できないのは、性中枢からの指令経路に問題があり精力減退になっており、このことから性器に問題があっても性欲が起こることもあるのです。

性交は下半身つまり性器で行うものと考えがちですが、脳下垂体の周辺にある性中枢によって実際は影響されています。
つまり性中枢に問題があると、精子を製造する睾丸が健全で性能がよくても、性欲は起こりにくく精力減退になります。

大切なことは、性欲や精力を高め精力減退を避ける為には、この性中枢を刺激することが重要なのです。

身近では、性中枢を高め精力減退を避けるには、性中枢へのマッサージやポルノビデオをレンタルビデオ店で借りてきて、鑑賞する又は、アダルト小説やなどを読み、性中枢を高めると精力減退を避けることができます。精力減退を防止

男性は、特に目や耳からの刺激が性中枢を刺激し、男性ホルモンの分泌量を増やし結果的に精力減退を防止できます。
そして、性生活のマンネリ化を解消する為に、環境や性交方法を変えることで、性中枢への刺激を高めることで精力減退を避けることができます。

今、性欲を高め男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから