本文へスキップ


5分で、勃起と射精力を回復する対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■勃起と射精力を回復する

通常、男性の老化現象が現れるのは、まず、目で次に歯、その次が勃起と射精のようです。
男性は、勃起力の低下や勃起不全などを感じるのは、大変ショックで、性行為途中に、中折れしてしまうことも勃起力と射精力に変化が現れた証の症状です。

男も40歳を超えたあたりから、体力が低下してそれに伴い勃起と射精で精力の減退を経験するようになります。
勃起は、副交換神経の作用によって、射精は交換神経の作用によって起こります。

副交換神経の働きで勃起し、交換神経の働きによって射精が起こります。
つまり、勃起と射精の低下は、交感神経の影響で副交換神経の働きが、抑制された状態なのです。勃起するしくみ

この状況は、交換神経が強く働き勃起と射精に影響をあたえている場合は、その要因として、ストレスが多く溜まっている状態であるということです。
この場合は、脈拍が高くなり心臓はドキドキすると同時に、血圧は上昇しています。
この状態の改善には、勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経のバランスが取れていることが重要で、それを改善することで、勃起と射精の問題は解消されます。

自律神経のコントロールを自律訓練法やサプリメントでサポート

男性は、40~50代にかけて男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が低下し、精力減退となり性欲も低下することで、異性への興味もなくなり性欲も低下して勃起機能も下向落ち、中折れ症状もでてきます。
精力減退という状態で、これが進行すると勃起不全・勃起障害につながります。

セックスの時は、まず副交感神経が優位に立って勃起を促すので、セックスはまず副交感神経の働きが強くなることがポイントです。
セックス行為を続ける中で、副交感神経から、交感神経に役割が切り替わりに射精します。

つまり、セックスには勃起を促す副交換神経と、射精を促す交感神経のバランスを保つことが重要なのです。

ストレスの状況や心身が健康状態かどうかをはかる目安は次の四つです。

 ①朝目覚めたときに疲れが残っているかどうか。
 ②睡眠がよくできるか。
 ③食欲は多いにあるかどうか。
 ④快便かどうか。


勃起と射精に関係する副交感神経や交感神経は、自律神経なのでコントロールできないと言われてきましたが、現在は、自律訓練法や自律神経の正常化に効果的なサプリメントなどが開発されたことで、ある程度はコントロールすることもできるようになりました。

例えば、精神をリラックスさせる音楽療法、暗示療法などの他、ヨガや座禅、なども良いようです。
また、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進したり、疲労回復に効果的なトンカットアリなどのサプリメントが注目されています。

そうしたいろいろな方法を試み、自分にもっともあった勃起と射精を改善する心理療法やサプリメントを取りいれることが重要でしょう。
しかし、そうした心理療法やサプリメントを取り入れて、心身ともにリラックスするために肝心なことは、パートナーの協力が必要で、勃起と射精については、奥さんであれ、恋人であれ、パートナーの愛情に勝るものはないようです。

夫婦や恋人でお互いをマッサージすることで、皮膚感覚を刺激し、脳の性中枢も刺激することによって、それが性欲や性力を高めることで、勃起と射精を改善することつながるからです。
性欲や勃起と射精の問題を解決するには、お互いのスキンシップも重要なのです。

今、男性機能を回復させるテストステロンの分泌を促進する効果があると、今注目されているのがトンカットアリです。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により勃起改善や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから