本文へスキップ


5分で、不感症の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■不感症を治す

絶頂感が得られない不感症をパートナーと改善・解決しましょう。

特に女性の不感症は、自分の悩みも深いのですがパートナーも精神的に責任を感じて、関係が気まずくなることも多いようです。不感症とは、性行為をしたい性欲はあるが、性感や絶頂感が感じられない場合のことです。

男性の場合には、一般的にペニスの強度・持続力低下が進み射精のコントロールができず射精しても快感が得られない症状などを言います
要因(勃起不全・早漏・性欲減退・中折れ・インポテンツ)

女性の場合は、前提の性欲自体が低下し、セックスでも性感や絶頂感が感じられず、また挿入時に痛みをかんじるなどの症状がある場合を言います。
要因(性交痛・絶頂不全・性欲減退・冷感症)

性障害ともいえる不感症の原因で、いちばん多いのは人間関係によるストレスが引き起こすものが多く、次にトラウマになっている出来事、そしてうつ病などの病気や糖尿病やアルコール・薬物中毒などが考えられています。

男性と女性では絶頂感に違いがあります。

男性は女性の声や動きなど感じている状況を絶頂感には必要なのですが、女性は男性への信頼や愛情を感じることで強い性的な欲望の高まりを感じます。
そして、性交ではオーガズム(絶頂感)を感じるようになります。


女性のオーガズムには、クリトリスと腟によるもので、クリトリス刺激を感じる生理的なもので、腟は男性への信頼や愛情などの精神的なものが重要です。
絶頂感を感じるには、精神的、生理的な要素が満たされることが必要で、それが満たされない場合が不感症の原因になります。

不感症の原因は、ほとんどパートナーの身勝手や経験不足な性行為や性知識に
より起こります。


女性の不感症は、最初の性交からオーガズムを感じないケースと、最初は絶頂感を感じ、その後オーガズムを感じられないケースとがあります。
最初から絶頂感を感じないケースは、幼い時の性的な体験、肉親男性の寵愛、、性行為への不安、男性のEDや早漏、そして性行為への罪悪感などがあります。

最初は絶頂感を感じていたが、後に不感症になる原因には、男性不信感、不倫、男性への憎悪、妊娠の不安、蓄積疲労、精神的ストレス、病気、ピルの服用などがあります。

そこで、パートナーと不感症を解決する為に、相手の性の特性を理解しすることで、性行為相手の生理の特徴や性感発生の知識を持つことが不感症の解消には重要です。

男女とも、体や精神的な疲労があると不感症になりやすいので、睡眠不足、栄養不足、不規則な生活、ストレスなどは注意が必要です。

女性の体は温まり血流が良くなると感度が上がり、性感度がアップします。

大切なことは、すぐ素肌に触るのではなく服の上から触る方が早く感覚を掴める可能性があります。
乳首・乳輪・わき腹は比較的性感を得やく、アソコの割れ目やクリトリスもショーツの上からソフトに触ることで、一段と性行為への期待感が高まります。
各部分を触り、その反応で性的に興奮している状況を確認し、女性の体や脳がHなスイッチに切り替わる感覚を肌でつかみましょう。

女性が、精神的にも肉体的にもこの方法を繰り返しているうちに、で、パートナーと不感症を解決できていきます。

身近では、性中枢を高め不感症を避けるには、性中枢へのマッサージやポルノビデオをレンタルビデオ店で借りてきて、鑑賞する又は、アダルト小説やなどを読み、性中枢を高めると精力減退を避けることができます。
そして、性生活のマンネリ化を解消する為に、環境や性交方法を変えることで、性中枢への刺激を高めることで精力減退を避けることができます。

今、性欲を高め不感症や男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精力増強や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから