本文へスキップ


5分で、勃起強化のトレーニング方法がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                                                                          

■勃起強化のトレーニング方法

最近は、精力減退や中折れと勃起不全でお悩みの男性が多く、勃起力強化に関心がある人が増えています。

中折れや勃起不全の主な原因は、事故やケガによる中枢神経が遮断れた場合を除き、性ホルモンであるテストステロンの分泌量の減少です。

複雑な社会の中で、勃起に関する悩みを持つ男性が増えており、テストステロンの分泌量を増やすサプリメントと同時に勃起強化トレーニングに興味のある人が増えているようです。

成人男性7710人に行った調査で、40代の6割、50代の7割、さらに60歳以上の8割が中折れ”などの勃起不全に悩んでいることが、2009年の製薬会社ファイザーの調査で解りました。ペニスの勃起角度と硬度 

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が低下すると、性欲や勃起力の低下にとどまらず、射精閉鎖筋の機能も衰えて射精をコントロールできなくなります。
そのような状態を改善する為に、勃起強化をすることで、生殖機能の働きも強化されます。

勃起強化のトレーニングの目的は、勃起力が低下し中折れも起き、以前より射精感や快感も悪い状態からくる不安感や勃起しない失望感を、勃起力強化トレーニング法により改善することです。

性生活の質を高め満足のいくものにする、勃起力の強化トレーニングには、パートナーの協力と理解が必要で不可欠です。

ミルキング手法のトレーニング

この方法は、牛の乳を搾る動作を繰り返し行ない、勃起強化とペニスの長さを増大させるものです。

動作を繰り返し行なう方法には、ウェットミルキングとドライミルキングとがあり、
誰でもが手軽に行え安全なウェットミルキング法での勃起強化と長さ増大方法を紹介します。

ウェットミルキング法で長さ増大と勃起強化をするには、ペニスを完全な勃起状態で行うことにまります。

完全勃起状態をつくるために、ペニスに潤滑剤を良く塗って勃起させることで、ペニス内部の血液が最大に満たされた状態をつくり、ペニス内部の血液の行き場が無くすことで、指でペニスを前後にしごくことにより、ペニスの細胞が前へ伸びようとするのをサポートします。

その方法は、完全勃起の状態で指でペニスを包み込み圧力を加えて前後へオナニーをする感覚でしごいていきます。
オナニーよりもペニスに圧力をかけ血流を前後方向へ意識して移動するのが勃起強化トレーニングのポイントです。

ペニスの根本から亀頭下に圧力を加えた指でストロークし、5分から10分間の間繰り返します。
10分間程のストローク運動によって、ペニスの血流は先端へと強制的に送られて、勃起時の血液量が増量し、勃起が強化されるとともに、ペニスは縦方向に長く伸びます。勃起強化トレーニングの実施後は、クールダウンしペニスの血流と血液量を整えるようにしましよう。

PC筋やBC筋トレーニングの回数と効果について

PC筋とはペニスと肛門の間にあるおしっこや射精を我慢する働きをする筋肉で、
このPC筋をトレーニングすることで勃起力を上げることができます。

勃起強化のためのPC筋トレーニングは、誰でも簡単にやれます。
身体の他の部位の筋肉と違い、PC筋だけを意図的に動かすことはできないので次の内容を根気よく実行しましょう。

1、意識しておしっこを途中で止める。
  トイレに行くたびに忘れずに行うようにしましょう

2、数回にわたり肛門を閉める。
  仕事中やテレビを見ている時、また電車に乗っている時など、いつでもどこでも  思いついた時に1セット30回くらい実行する

3、意識しておちんちんをピクピクさせる。
  BC筋はペニスの付け根にある筋肉で。肛門に力を入れている時に意識してペニ  スをピクピクさせます。
  場所や時間を選ばず、思いついたら実行する

数週間行った後のPC筋トレーニングの効果としては、
勃起力がアップし朝立ちで起きてきます。

BC筋トレーニングを1ヶ月程すると、
早漏改善、射精コントロールなどに効果だ出てきます。


太ももの筋肉を鍛えるトレーニング

太ももの筋肉を鍛えることで、全身の血流を向上させペニスへの血流も増加し、勃起力を強化ます。

太ももの筋肉を鍛えるのはスクワットですが、正しいフォームで行わないと効果が得られません。

まず、両足を肩幅よりも少し広い間隔に開き、つま先とひざをまっすぐ前に向けるようにします。

腕を頭の後ろか胸の前で組んで、背中を曲げないように注意して、太ももと床が平行になるまでゆっくり腰を落とします。
背中を曲げずに腰を落す状態なので、横から見た場合尻が突き出るような姿勢になります。
立ち上がりもとの位置に戻るときは、スピーディーに戻りましょう。

これにより、同時に大臀筋というお尻の上層部の筋肉も鍛えられ、ペニスに流れる血液の量が格段に増えていきます。

今、勃起強化のトレーニング以上に、男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから