本文へスキップ


5分で、変形性肩関節症の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

変形性肩関節症

変形性肩関節症は、骨折や脱臼などの外傷のほか、加齢に伴う骨・軟骨の老化などが原因で起こります。
また、血流の悪化や、ステロイド薬の多量投与で上腕骨頭の骨組織が死んでしまう上腕骨頭壊死も原因になります。
さらに、肩の腱板が切れてしまう腱板断裂によって正常な肩関節を維持できなくなり、変形してしまう人もいます。
そのほか、ホルモンの異常などでも変形性肩関節症になることがあります。

多くの日本人が悩む肩の痛み。その中でも、関節の軟骨がすり減り、骨同士がこすれ合うことにより、骨が変形して痛みを発症するのが変形性肩関節症です。
最近の高齢化で増加している変形性肩関節症の症状や原因についてですが、肩関節の動きを滑らかにしている軟骨がすり減り、骨同士がこすれ合うと、骨が変形して変形性肩関節症を発症します。

強い痛みや腫れ、肩の動きの障害などが出てくる場合もありX線検査をすると上腕骨と肩甲骨の隙間がなく、上腕骨の骨頭の変形が見られます。

変形性肩関節症は、高齢化で増えてきていますが、骨折や脱臼などの外傷後に生じる場合や、それ以外が原因でも起こります。
老化による一次性の変形性肩関節症は多くはありません。肩は、膝関節や股関節のような常に体重がかかる関節ではないため、変形性肩関節症を発症する割合は高くはありません。
しかし、腱板損傷や脱臼などにより関節軟骨や靭帯が傷つくと変形性肩関節症を引き起こすことも少なくありません。

変形性肩関節症では、軟骨がすり減ったり骨が変形した結果、関節内やその周辺に痛みを感じるようになります。
残念ながら、傷んだ軟骨は再生しないため、腕や肩を使う動作が困難になり、徐々に変形性肩関節症が進行していきます。
肩の脱臼が原因で生じた変形性肩関節症では、脱臼を繰り返すことにより症状がさらに悪化する心配があります。
初期症状としては、肩関節のこわばりや痛みが生じ、動きが制限されます。
変形性肩関節症は、骨折や脱臼などの外傷のほか、加齢に伴う骨・軟骨の老化などが原因で起こります。中期から末期になると関節内に関節液が溜まったり、夜間に強い痛みを感じるようになります。

変形性肩関節症は、肩こりや肩の痛みを起こす原因の一つで、骨・軟骨の異常によって起こる病気です。
正常な肩関節は肩甲骨と上腕骨の骨・軟骨が綺麗に適合しているのに対し、変形した肩関節は上腕骨頭の関節部分の形がでこぼこしていびつな形になっていて肩甲骨の関節部分との適合が悪くなり、上腕骨および肩甲骨の軟骨がすり減っていきます。

軟骨は関節の動きを滑らかにする役割を持っているため、軟骨がすり減ってしまうと骨同士が直接こすれ合うことになり、骨の変形と強い痛みを引き起こします。
これを変形性肩関節症といいますが、血流の悪化や、ステロイド薬の多量投与で上腕骨頭の骨組織が死んでしまう上腕骨頭壊死も原因になりますので注意が必要です。

変形性肩関節症に治療には、整体やカイロプラクティックはおすすめはしません。
理由は「症状の軽減はあるかもしれないが、症状を悪化させてしまう方も多い」からです。
初期の変形性肩関節症には保存的治療(手術をしない治療)を行うことができます。炎症を抑えるサプリメントや非ステロイド性消炎鎮痛剤の服用や、関節内への注射などで痛みを緩和させます。
また、温熱療法や電気刺激療法、関節を動かす練習(関節可動域獲得訓練)、肩のストレッチ、筋力強化訓練などの運動療法(リハビリ)を適切に行うことにより、痛みを軽減させることが可能です。


関節に炎症が起きる変形性肩関節症には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

変形性肩関節症の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら