本文へスキップ


5分で、変形性足関節症の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

変形性足関節症

足関節は、足首を上にそらしたり、底屈・屈曲する役割をもっており、足関節は、脛骨・腓骨・距骨が組み合わされてできています。
また、靭帯が関節の内側と外側にあることで、関節が安定した構造がつくられて
います。
足関節は通常は、何万歩歩いても問題がない構造になっています。

変形性足関節症変形性足関節症は、足首の関節が変形して痛みや腫れなどが起こりますが、
スポーツなどで足首を酷使する人や捻挫を繰り返している方、そして足首を骨折して治療した経験がある人がかかる率が高く、これらの人は、靭帯損傷で関節が緩み不安定な状態になっている為、変形性足関節症に発展しやすく、違和感がある場合は、早くレントゲン検査をすることが重要です。

足首の痛みがでる変形性足関節症は、足関節・腓骨・距骨から構成される足首の関節の軟骨がすり減ったり、損傷して炎症が起こることで、痛みが発生する病気です。

靭帯損傷で関節が緩み不安定な状態により、ストレスが普段から蓄積され、足関節が疲労し限界状態にあるため、わずかな歩行や負担ですぐ痛くなってしまいます。

足首が緩むことで、不安定な歩行になり、その影響で体が歪みやすくなりますが、女性は足関節の不安定を首でカバーするため、うつ、パニック症や自律神経失調症など体の不調の要因になってしまいます。

変形性足関節症とは足関節の軟骨がすり減ることで関節の隙間が狭くなってこすれ合い、腫れや痛みをおこしますが、関節の変形により、可動範囲が制限される為、歩行が不自由になります。

変形性足関節症には、加齢が原因で年齢とともに靭帯がゆるみ、足が内側へと倒れてきて、まず内側の関節の隙間が狭くなり、徐々に全体の関節の間が狭くなってしまう一次性と、骨折や捻挫などの外傷、又は、関節にばい菌が入って化膿性の関節炎を起こした場合や、先天性の内反足などの手術をした後に起こる二次性がります。
その他、発症の要因としては、血友病、関節リウマチ、痛風といった全身の疾患など多岐にわたります


自覚症状としては、歩き始めに痛い、朝起き後の1~2歩が痛い、動かしていると和らぐ、夕方に腫れにはれてくるなどの症状が感じられます。
また、歩くときの痛みで一次性の要因の場合は、足首の内側の痛み、正座ができない、または足関節が腫れることがあります。

痛みの緩和方法としては、足底挿板とう外側に傾斜をつけた靴の中敷利用して歩くようにする。
体重の負荷が内側にかかる対策として、外側にも分散させると痛みが緩和されます。同時に足の外側、腓骨の後ろの筋力トレーニングを行うことでより、効果的ななります。

また、関節軟骨の保護する目的で、ヒアルロン酸の関節内注射を用いますが、効果が低い場合、外側靱帯の再建術を行うこともあります。

そして、変形が進み関節軟骨の損傷が激しい場合は、手術となり脛骨の骨切りを行って傾きを矯正する方法、足関節を固定する方法、人工関節に変える方法の3種類の手術のいずれかが行われています。
手術の方法は、軟骨損傷や傾きの程度、年齢・活動性といった種々の条件をを考慮し決定します。

関節に炎症が起きる変形性足関節症には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら