本文へスキップ


5分で、ヘバーデン結節の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

ヘバーデン結節

へバーデン結節は、指の変形性関節症に分類され、指の第一関節の軟骨が摩耗して腫れ、変形、屈曲などを発症する病気です。
最初に、この疾患を発見したヘバーデン 博士の名からヘバーデン結節と名付けられました。

へバーデン結節症状としては、指を曲げ伸ばしすることが難しくなり、水ぶくれのような粘液嚢腫が指の第一関節付近に起こります。
進むと、関節の曲がりにくさや痛みにより、物を掴むことが難しくなり生活に不自由さが出てきます。

具体的な症状は、人差し指から小指にかけての第一関節が赤く腫れたり、曲がったりしてきます。しかし指の付けや手首などの関節が破壊されることはありません。

ここ数年に間に関心が高まった、へバーデン結節は、通常40歳代の女性に比較的多く発生し、男性と比べ発生率は10倍と言 われます。
発症年齢はだいたい45歳以上で、平均すると55~56歳です。


へバーデン結節の原因は、現在も解明されていませんが、手の酷使や遺伝の他、更年期におけるホルモンバランスの変調なども関係があると考えられています。
近親者の中に、へバーデン結節にかかった人がいる場合、充分注意することが重要です。


また、関節リウマチとの関連はなく、指の使用頻度や加齢とも関連性は確認されていません。
環境要因としては、外傷性を除くと、手を酷使する重労働者や農業や裁縫のような手仕事をする人に多いようです。

また、ヘバーデン結節は更年期の女性が多く発症する為、女性ホルモンの変調や男性ホルモンであるテストステロンの分泌量の低下なども考えられます。

ヘバーデン結節の症状として、指の関節の痛み、腫れなどが起こり、それも左右対称に出ると言われ、リウマチと似ていますが、水ぶくれのような嚢腫を作ることもあります。
変形性関節症は、関節軟骨の 老化や磨耗によって起こる軟骨と骨の進行性の変性疾患ですが、ヘバーデン結節もその一つです。

へバーデン結節の症状は、人さし指から小指にかけ第1関節が赤く腫れたり、指が曲がったりしますが、それには痛みを伴うこともあります。

水ぶくれのようになることもあります。
水ぶくれのような粘液嚢腫が、指の第一関節付近に起こり、強く握るのが難しくなり、動きも悪くなり、指先に力が入いらず、容器のふたが開けられないことが出てきます。
リウマチと似た症状の為、関節リウマチを疑う人も多いですが、第一関節のみだけ腫れ痛むのなら、ヘバーデン結節を疑ってみることが重要です。

第1関節が痛む場合は、安静にすると痛みが軽減できますが、どうしても指を使わなくてはいけないときは、テーピングすることが重要です。
指の関節の痛みの場合、・お風呂であたためって血行が良い状態で、手首から指先まで指1本ずつマッサージしましょう。指の関節を動かすグー ・ パー運動をおこなうのも良いでしょう。
炎症抑制作用があるサプリメントなどを、積極的に摂ることも症状改善にはお勧めです。

日常生活の中では、指先以外に体も冷やさないようにしましょう。
特に夏場の冷房の冷えと飲食による冷えには注意が必要です。

心身ともにリラックスしてストレスを感じない生活も大切ですが、それと同時にホルモンの変調を改善し、自律神経のバランスを整えること重要です。

関節に炎症が起きるヘバーデン結節には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら