本文へスキップ


5分で、男性更年期の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


   
                      

■男性更年期

男性更年期とは、加齢により男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が
低下するのが時期です。


男性は、男性ホルモンの分泌は30歳頃より低下していき、60歳になると30歳代より25%低下してしまいますが、個人差も大きく身体的に変わったところも出てきません。

男性ホルモンにはテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、ジヒドロテストステロンという3つの種類があり、特に精巣の間細胞から分泌されるテストステロンは、男性らしさを作る男性ホルモンです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、仕事やスポーツに集中し緊張している場合は交感神経が優位に機能し、やすらぎやリラックスしている場合は副交感神経が機能していますが、男性更年期には、男性ホルモンであるテストステロンの減少の影響で、交感神経と副交感神経の働が変調をきたし更年期障害と呼ばれる症状を発生させると思われます。

テストステロンの分泌の低下で症状としては、のぼせ、集中力の低下、性欲の低下、頭痛、気力・ED(勃起障害)などが出てきます。

男性更年期テストステロンの減少からくる症状として、生理的な変調と、心身症的反応による不定愁訴がありますが、2つは強く関連しており区分することは難しいが、生理的変調の症状は精力減退が大半を占めます。
不定愁訴としては、不安、不眠、あせりなどの精神症状や集中力や気力の低下の他、倦怠感などが出てきます。

男性更年期の症状は、一般的には40代から出てきますが、最近は低年齢化して若年化してきています。

そして、近年男性更年期の症状で悩む男性が増え、病院関係者の間でも男性更年期障害(LOH症候群)として認識されてきました。

男性の更年期に分泌するテストステロンの量は個人差があり、その分泌量は多い人と少ない人では3倍近くの差があます。

男性ホルモンであるテストステロンは、一生の中でで分泌量が変化し体調や精神に影響を与えます。
男女ともにスタートは女性脳なのですが、子宮内にいる4~6ヶ月の胎児期にテストステロンのシャワーを浴び男性脳変化しますが、そのこの時の浴びたテストステロン量が多い場合は男性的な身体と性格が育ちます。

右手の薬指をみれば、幼児期に浴びたテストステロンの量が多いか少ないかは判断できます。その判断は薬指が人差し指より長ければ長いほど多く浴びていることになります。

一般的に男性は、通常30代~50代にかけて精巣が萎縮してテストステロンの分泌量が減少し、それとともに男性更年期障害である倦怠感・めまい・イライラ・物忘れ・精神不安・睡眠障害・勃起不全(ED)・筋肉量の低下・体毛の変化も出てきます。

このよううに、男性更年期の特徴症状として精神的にはうつ的症状や不眠、体力的には筋力の衰えや体のだるさ、性的には性欲が低下するなどの障害が出てきます。
引き金として、競争心や責任感や上昇意識が強く、まじめで神経質な几帳面な人が蓄積疲労やストレスが要因で、男性更年期障害を発症しやすいようです。

通常、男性更年期の検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断されるようです。
テストステロン値

男性更年期の症状は、テストステロンの分泌を増やすことで改善できます。

40代半ばから男性更年期による症状に悩まされる人が増えてきています。
テストステロンの分泌低下にともない、男性更年期障害と言われる、のぼせ、頭痛、気力・集中力の低下、性欲の低下、ED(勃起障害)などの症状が現れます。
そこでテストステロンの分泌を促進する効果があり男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから

バナースペース

男性更年期

 ■男性更年期
 ■男性更年期障害
 
 ■男性ホルモン