本文へスキップ


5分で、男性ホルモンのテストステロン分泌量と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■男性ホルモン(テストステロン)

男性ホルモンは、アンドロゲンと言われ、テストステロン、アンドロステンジオン、デヒドロエピアンドロステロンの3つがありますが、最も分泌量が多いのがテストステロンです。

男性ホルモン男性ホルモンのテストステロンは、人生の中で分泌量が変化し、それにより体内環境や精神は大きく左右されます。
男性ホルモンは、精巣で95%、副腎から5%が産生されて、体内を循環し、生殖器、骨髄、骨、筋肉、脳、皮膚、肝臓、腎臓、などの臓器に影響をあたえます。

当初は男性も女性も女性脳なのですが、子宮内で4~6ヶ月の胎児期にテストステロンのシャワーを浴び、男性脳に変化します。
しかし、この胎児期のテストステロンを浴びた量により男性的な性質に個人差が出てきます。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌量は、人によりその差が3倍近くになり、性格や身体能力に大きく影響します。
このテストステロンの分泌量は、外見の男性らしさや、競争力・闘争力・
冒険心の他、縄張り意識などの精神面にも影響をあたえます。
その他テストステロンは、空間や方向の認識力そして、数感的考えの男性的内面をより高くしていきます。
男性の手写真
胎児期にテストステロンのシャワーを浴びた量が多いかの判断は、右手の薬指をみればでき、薬指が人差し指より長ければ長いほど多く浴びています。
このようにテストステロンのシャワーを浴びテストステロンの分泌量が高い男性は肉食系・体育会系、低い男性は草食系の性格や好みをしていることが多いようです。


男性の精巣は精子をつくるだけではなく、性欲と精力機能を左右するホルモンである男性ホルモンのテストステロンの合成も行っています。

男性は、一般的に早ければ30代から、通常は40~50代にかけて男性ホルモンであるテストステロン分泌量が減少して、性欲や異性への興味薄くなり、性欲低下し中折れや勃起不全の症状もでてきます。
これは、精力減退という状態で、ほっておいて進行すると勃起不能(ED)・勃起障害となってしまいます。

男性は、大脳の視床下部からの性的衝動を起す指令がペニスを勃起させます。
それには、刺激物質のテストステロンが必要で、この視床下部への刺激物質であるテストステロン濃度の分泌量が性的衝動には重要な要素です。

テストステロンの一番重要な役割は、性欲と生殖機能を高めることで、それにより中折れや勃起不能の症状もなくなります。
加齢により、体内のテストステロンの分泌量とその濃度が低下すると、生殖機能の衰えだけではなく、中折れや勃起不能の原因になります。
詳細ー性欲とテストステロン

またテストステロンの分泌量の低下は、自律神経の変調を起こし、内面では、不安、神経過敏、生気消失、不眠、抑うつ、いらだち、疲労感を発生させます。
身体症状としては、集中力低下、陰毛の減少、関節痛、発汗、ほてり、イアイラ、記憶力・集中力低下なども起こってきます。

このように、テストステロンの減少により、多様な症状が見られますが、全ての症状が出てくるわけではありません。

そこでテストステロンの分泌を促進する効果があり、男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから