本文へスキップ


5分で、性欲とストレスの関係わかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■性欲とストレスの関係

性欲は性交をしたくなる欲求のことで、これは人間の性行為をして子孫を残すという本能的な目的からくる欲求です。
日本人は世界的にみてもストレスが原因で、性欲減退や勃起不全などの性機能低下の割合が高いようです。

最近は、男性の性欲減退により、男性の性機能の低下で、夫婦生活が維持できないセックスレス状態なり、重要な離婚理由となっています。
その為、性欲減退の原因を理解して改善する事は夫婦にとっても重要な要素のようです。

性欲減退する時期は、30代から始まりますが、人間関係や仕事からのプレッシャーそして責任感からのストレスの他、加齢による身体機能の低下が始まるわけですから注意が必要です。

ストレスによる性欲減退

男性は、ストレス等の精神的、肉体的な要素に影響を受けますので、仕事やプライベート、人間関係の悩みなどで、イライラなどストレスを感じると、それにより性欲減退が起こり、性行為を起こそうと思わなくなります。
そして、性欲減退が起きることで、その結果セックスの回数が少なくなります。

セックスしたくても出来ない独身の時と違い、ストレスが原因で性欲減退が続き、長時間性行為をしない場合、異性への興味や性交を望むこと少なくなり性欲減退もより低下します。

性欲減退はストレスによるホルモン分泌に関係

fuufu正常な性行為を続ける為には、性欲を高めることが重要ですが、ストレスで性欲が低下していては、性行為をする気持ちが湧かない上に、勃起不全の心配などで、勃起を持続する事が難しい為、快適な性生活をおくる事は難しいと思います。

性欲に関して、最も強く影響する男性ホルモンはテストステロンですが、加齢とともにその分泌量が減少して、性機能が低下すると言う事はお解りかと思います。
これは体内でのテストステロンの分泌能力の低下が影響していますし、また、前立腺の疾患が関係している場合もります。
前立腺の病気は、前立腺の治療の過程で、男性ホルモンを抑える薬を飲んでいることで、高い確率で性欲減退すると言われています。

そしてストレスも、テストステロンの分泌を減少させ性欲の低下を招く,
大きな原因の一つです。  
詳細>性欲とテストステロン

男性は、30代位から、仕事の責任が重くなり、ストレスを感じて急激に性欲減退します。

また、周囲との人間関係や夫婦関係の悪化で、多大なストレスがかかる場合も、性欲減退が起こります。
性欲に関して、疲れや肉体的疲労に比べて精神的疲労(ストレス)の方が、はるかに性欲減退の原因になります。

精子をつくる臓器である精巣は、性欲と性機能への影響が大きい男性ホルモンのテストステロンの合成も行っています。
ペニスを勃起させるには、大脳の視床下部からの性的衝動を起こさせる指令が必要にですが、テストステロンが視床下部への刺激物質であり、このテストステロン分泌量と濃度は性的な衝動には必要不可欠です。

男性の性欲と性機能を高める役割である、テストステロンは加齢などで身体のテストステロンの濃度が減少する他、ストレスの影響で自律神経が変調をきたし分泌量の低下がおこり、性機能が衰え中折れや勃起不全の原因になります。

そこでテストステロンの分泌を促進する効果があり、男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから