本文へスキップ


5分で、糖尿病と勃起不全の関係がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■糖尿病と勃起不全

糖尿病と勃起不全は密接な関係があります。

糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れる糖分(ブドウ糖)の濃度である血糖値が高くなる病気です。
糖尿病は、他の病を併発することが多い病気で、そのひとつに勃起不全になる糖尿病性勃起障害があります。
勃起障害(ED)とは、性交時に挿入が可能な勃起できない、または挿入しても勃起を持続できない状態のことです。


糖尿病により、血糖値が高い状態が続くことで細小血管がダメージを受け、陰茎への血流が閣下し、陰茎や会陰の組織にある神経にも障害が起き、神経線維から脳への伝達が悪くなり、性的反応を起こすことが困難になります。
このように血管が障害を受け陰茎への血流が悪くなり、神経障害が起きることで勃起が出来なくなります。
とまり、血糖値が高くなると、陰茎への血流の低下とともに、神経損傷や神経障害が起こりやすくなるので、勃起機能を維持するためにも血糖値にコントロールは非常に重要です。

糖尿病と勃起不全糖尿病と勃起不全の関係は、糖尿病から生じる血管や神経の障害が、陰茎の血流を抑えることと、それによる心理的な要因も関係して、糖尿病を患っている男性のほぼ半数は勃起障害と言われています。
糖尿病によって高血糖の状態が続くと神経繊維が減少し繊維密度が低下します。

それにより神経内部が低酸素状態になり、陰茎の感覚が鈍くなり、陰茎海綿体の神経が障害を受けるので、勃起不全(ED・中折れ)の症状を引き起こします。

糖尿病性ED患者の陰茎の知覚を振動覚計で測った時に、一般人よりも明確に振動覚が悪くなっていました。
このことから、糖尿病性ED患者の陰茎内部で神経障害が起こっていることがわかります。

糖尿病性の勃起不全の男性は、神経が障害を受けています。
健全な勃起には、脳や神経、海綿体、血流などが異常なく機能することが重要で、糖尿病性の勃起不全(ED)は、複数の要因が重複して発症することが多く、また、勃起不全(ED)には身体的な原因から生じるEDもあり、これを器質的EDと言います。

男性糖尿病患者の発症頻度は、30%~60%が糖尿病性の勃起不全(ED)といわれており、一般男性よりも2~3倍の発症率です。
日本全国では、100万人以上の糖尿病患者の人がいますが、勃起不全(ED)の治療で病院を受診する人は少数で、多くの糖尿病性勃起不全の(ED)男性がはずかしい、性欲の低下、生命に危険がないなどの理由で、病院を受診しないようです。

糖尿病は、一生治らないと言われていますが、糖尿病性の勃起不全(ED)は治療を受けることで改善することができます。

糖尿病におけるテストステロンの一番重要な役割は、性欲と生殖機能を高めることで、それにより中折れや勃起不能の症状もなくなります。
加齢により、体内のテストステロンの分泌量とその濃度が低下すると、生殖機能の衰えだけではなく、中折れや勃起不能の原因になります。
詳細ー性欲とテストステロン

またテストステロンの分泌量の低下は、自律神経の変調を起こし、内面では、不安、神経過敏、生気消失、不眠、抑うつ、いらだち、疲労感を発生させます。
身体症状としては、集中力低下、陰毛の減少、関節痛、発汗、ほてり、イアイラ、記憶力・集中力低下なども起こってきます。

このように、テストステロンの減少により、多様な症状が見られますが、全ての症状が出てくるわけではありません。

そこでテストステロンの分泌を促進する効果があり、男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから