本文へスキップ


5分で、中折れや勃起不能の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■中折れや勃起不能

男性ホルモンの減少の他、ストレスや蓄積疲労が溜まることで精力減退の
要因になっています。


中折れや勃起不能通常、体力の衰えとともに、性欲も比例して衰え、その上環境ホルモン、さらに精神的なストレスや蓄積疲労そして、病気などがある場合は、その影響を受け精力減退してEGや中折れの症状もでてまいります。
ですから過労気味だったり深刻な悩みを抱えていたりしていると、30代、40代でも精力減退し、勃起不能(edや中折れ)に陥ってしまいます。現実問題としてこの働き盛りの若い世代でも精力減退や中折れに悩む人は想像以上に多いようです。

一般的に、性欲は25歳を境に前後5年間が一番強く、その後30歳を過ぎると年々精力は低下していき、中折れや勃起できないなどの症状も出ています。

精力減退の要因としては、次の5つがあります。

 1.加年による男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下
 2.精神的な自信喪失や不安
 3.慢性の疾患や過去の病気
 4.薬などの服用による副作用
 5.事故などによる中枢神経の遮断

2~4の場合は、それらが発端となって、結果的に男性ホルモンの分泌が急激に低下するために生殖機能が減退してしまうのです。

勃起するしくみ
精力減退の原因と対策
ペニスの勃起角度と硬度
勃起強化のトレーニング方法
ペニスのサイズを判定


■サラリーマン100人(30代・40代)を対象にした中折れアンケート
100人アンケート

この調査結果では、30代で約半分40代で70%以上が中折れなどの
問題を抱えています。

■年代別テストステロン値
年代別テストステロン値

精力が減退することで中折れや勃起不全を起こす原因は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下及び、事故などで中枢神経が遮断された場合です。

慢性の疾患・薬の副作用・中枢神経の遮断などが発端となって、結果的に男性ホルモンの分泌量が急激に低下して生殖機能が減退してしまうのです。

精力を回復させる為には、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やし、勃起力を強め、性器機能を高めて精力を増強してEDや中折れを防ぐことが大切です。

〇加年からくる男性ホルモン(テストステロン)の分泌量の低下と精力減退やED・中折れは誰にでも起きる可能性があります。

男性の場合、普通25歳をピークにして男性ホルモン(テストステロン)の分泌が低下していき精力減退もおきてきます。

男性は、25歳をピークにして男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が低下していきますが、テストステロンは、生殖機能の働きを促すホルモンですから、もし分泌量が低下すると、精力減退になり結果的に勃起力も低下して、性欲そのものがなくなり、射精閉鎖筋の機能も衰えて射精をコントロールすことができずに早漏になったりもします。

しかし、毎日の生活環境や食生活を改善することで、精力減退の進行を遅らせることができますし、低下した男性ホルモンであるテストステロンをサプリメントなどで補うことで、精力減退や生殖機能の低下と衰えを改善して勃起不全や中折れ防ぐこともできます。

〇女性から言葉がショックで自信を無くしたり、またストレスなどの精神的なもが要因で精力減退になることもあります。

女性が故意ではなく不用意にだした言葉で、男性はショックを受け自信をうしない、精力減退お要因となり中折れや勃起不能になってしまうことがあります。

言葉がセックスの内容でない場合も、プライドや人間性を傷つけられても、突然中折れや勃起不能になってしまうことがあります。
また、仕事や生活のなかで自信喪失をし、精神的に自律神経の変調や、疲労やストレスが溜まった場合も、精力減退となり、人によっては精力減退お要因となり中折れや勃起不能になってしまいます。

〇糖尿病や肝臓病、そして腎臓病など慢性の疾患や過去の病気が原因で、精力減退をおこし中折れや勃起不能になってしまう場合もあります。

精力が減退することで糖尿病は良く知られていますが、慢性の病気である肝臓や腎臓などになっても精力減退はするようです。
しかし、要因である病気が良くなることで、生殖機能も性欲も復活しますので、病気を治すのが精力減への一番の改善策でしょう。

〇精力減退の要因が薬などの副作用による場合

麻薬及び覚せい剤やシンナーやを常用することで、神経が麻痺した状態になり勃起不全だけではなく、通常の刺激にも反応できなくなります。

そして、どの薬でも、飲みすぎることで身体が薬に依存傾向となり、生殖機能が正常に反応しなくなることがあります。
タバコのニコチン中毒やお酒のアルコール依存症の場合も、精力は減退してしまいます。

〇背骨を折ったり、痛めたりと中枢神経を事故などで遮断の場合も精力減退を
起こします。

背骨の脊髄には、ペニスを勃起される勃起中枢神経が通っており、それが遮断されることで、いくら大脳から勃起するように指示を出してもペニスに伝わらず全くの不能状態になってしまいます。

中枢神経が遮断された場合は、精力が減退したのではなく指示が届かず、完全に役に立たない状態で、どんな精力剤やサプリメントを使用しても、改善はできません。

今、男性機能を回復させるテストステロンの分泌を促進する効果があると、今注目されているのがトンカットアリです。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により勃起改善や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから