本文へスキップ


5分で、精力減退の防止対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                                                                             

■精力減退を防止

精力減退で中折れや勃起不全を起こす直接の原因となるのは、
性ホルモンの分泌量の低下です。


精力減退の原因は、

1、加年からくる男性ホルモンであるテストステロンの分泌量の低下
2、精神的ショックなどで、自信をなくす
3、薬の飲みすぎによる副作用
4、事故などによる中枢神経の遮断

精力減退の防止のポイントは交感神経と副交感神経、

精力減退を防止ペニスは、緊張、恐怖、ストレスなどを感じることにより、副交感神経系のシグナルよりも交感神経系のシグナルが多く伝達され、萎縮した状態になります。
緊張感のない時は交感神経系と副交感神経系のシグナルの両方が、作用することでペニスは萎縮と勃起の中間の状態を維持しています。

健康体の場合、睾丸から分泌された精液が一定量たまると、大脳にたまった精液を体外射精したい欲求が生まれ、敏感に性的刺激に反応するようになります。

その時ペニスが刺激を受けた場合、副交感神経系のシグナルが交感神経系のシグナルよりも多く伝達され、陰茎海綿体に下腹部の血液が大量に流入します。
同時に根元のペニスの括約筋が閉じ、血液の環流を停止させ、血液が陰茎海綿体に充満しペニスが硬く大きく屹立し勃起します。勃起するしくみ

男性は、30代から40~50代にかけて、テストステロンの分泌量が減少し、性欲も落ち勃起力低下し中折れなどもあらわれます。

精巣は、性欲と性機能の重要な役割を担うテストステロンの合成も行っており、ペニス勃起には、分泌されたテストステロンによる性的衝動を起こさせる指令が必要になります。

男性の性欲と勃起機能を高めるテストステロンの分泌量と濃度を高めることは、精力減退を改善し中折れ・勃起不全・EDの対策に不可欠な条件となります。

勃起するしくみ
中折れや勃起不能
ペニスの勃起角度と硬度
勃起強化のトレーニング方法
ペニスのサイズを判定


精力を増強し精力減退を防止する為に

精力増強作用に関係する有効成分は、亜鉛・アスパラギン・ヨード・アルギニン・ビタミンEなどで、これらの有効成分の相乗効果が、テストステロン分泌量や濃度を高め、身体の生殖器を活性化させ、性能力を向上させることで、中折れ・勃起不全・EDを改善させるのです。

■亜鉛
ホルモン分泌を改善や、精子づくり向上そして、生殖器管の発達と生殖能力の維持には欠かせない成分です。

■アスパラギン
神経系を守るアミノ酸で、エネルギー代謝に関与したり有害なアンモニアを排除したりする他、疲労への抵抗力を高めると同時にスタミナを増やし、精力減退を改善する働きがあります。

■アルギニン
成長ホルモンを合成し、免疫反応を助ける働きをする必須アミノ酸の一つで、生殖機能の向上や精子の数を増やします。
また、若々しさを復活させる作用があり、血管や内臓の老化を抑制して精力減退、edや中折れを改善させる力があります。

■ビタミンE
細胞を強化し、老化・成人病を予防する働きがあることで、若返りのビタミンといわれ、不妊症治療ビタミンとして活用されホルモンバランスを整え、生殖機能を増す働きがあります。

また、勃起を持続できない、男性器が勃起できない勃起不能や性交中に中折れして射精できない場合は、通常は糖尿病や肝臓病などの病気が関係が疑われますが、多くは精神的な要因によるものです。

この場合は、でんぶんの成分のデキストリンを摂取すると、下腹部の動脈の血流を改善して勃起をサポートします。

現在、テストステロンの分泌量を増やし中折れや勃起不全ED改善で効果が
確認されている植物性サプリメント(トンカットアリ)が注目されています。

今、性欲減退を防止し男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により、精力増強や精子の数も増加することがわかりました。トンカットアリのお試用のご案内はこちらから