本文へスキップ


気になるトンカットアリの副作用について

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                                                          

■トンカットアリの副作用について

トンカットアリについては、有効性が高いだけあって、副作用についても調査が行われていますが、薬用植物として長い歴史があるトンカットアリは、安全性には問題ありません。
また、様々な実験や研究の結果からも安全性や、副作用の心配はないようです。

東南アジアの有名な民間薬であるTongkat Ali(トンカットアリ)は学名をEurycoma Longifolia Jack、和名をナガエカサと言います。
別名マレーシア人参とも呼ばれ、東南アジアでは強壮剤として伝統的に使われています。
トンカットアリ副作用ニガキ科の潅木で熱帯雨林の中で発見された野生の植物の一つで、インドシナからマレーシア半島、ボルネオ、スマトラの地域に原生しています。

特にマレーシアでは有名な伝統的マレー民間薬として利用されてきました。
そのため、トンカットアリには、性別や年齢に関係なく非常に安全で副作用の心配などはなく、また、現在まで副作用などは特に報告されていないようです。

実験や研究の結果からの安全性

トンカットアリ副作用2現在販売されているサプリメントの多くが、人工的・科学的に作られたものばかりです。
それらは一時的には体に良いのですが、長く服用しますと有害成分が体内に蓄積されます。
しかし、生薬と言われるトンカットアリそのものは、身体への負担も少なく、様々な実験や研究の結果からもトンカットアリが安全性の高い植物であることが確認されています。

添加物不使用のトンカットアリには副作用の心配もないようです。

今、男性機能を回復させると、注目されているのがトンカットアリで、服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により勃起機能の強化や精子の数も増加することが確認されました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから