本文へスキップ


5分で、前立腺肥大と性能力の低下の関係がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■前立腺肥大と性能力の低下

前立腺肥大は、男性の50歳過ぎに多く、55歳以上の男性の20%が前立腺の症状で悩み性能力に悪影響が出ているようです。

男性ホルモンであるアンドロゲンに前立腺は影響をうけ肥大化します。
年を取ると前立腺が肥大化するのは、前立腺がそれだけ長期にわたってアンドロゲンによる影響を受けてしまっているからです。
前立腺を肥大させるアンドロゲンの量を高める要因となるのが、動物性たんぱく質や脂質を多くとる食生活です。

私たちの臓器は、年をとると萎縮しますが、前立腺だけが肥大する傾向を
もっています。
前立腺肥大は、尿道を圧迫する為、尿が出にくくきれも悪くなり尿が出ずらくなります。また残尿感を起こします。

なぜ、前立腺肥大が起こる原因は解明されていませんが、前立腺液の生産量が減少することで、射精のさいの快感が低下し同時に、精力も精力低下することになります。
これにより、性行為での射精感や絶頂感がなくなり、性行為が苦痛になる場合もあります。


前立腺はまた、精子の栄養ともなる前立腺液をつくりますが、前立腺肥大になり尿が出にくくなると、腎臓に悪影響を与えます。
この腎機能低下は身体全身の機能低下を生み、生殖機能に悪影響が出てきます。

前立腺肥大は、男性ホルモンであるアンドロゲンとの関係が疑われていますが、確実に解明されていませんが、解っていることは、前立腺肥大は老化現象が要因だということです。

前立腺の重要な役割は、精子を運ぶ以外に精子に栄養を与える役目である、前立腺液を尿道に分泌することです。
前立腺液は弱い酸性である膣の中で、精子の活動力を支える保護液の役目もしています。

前立腺は生殖機能に関係する器官で、思春期以降から機能が活発化し20歳代をピークに30歳代らいまで機能します。
しかし、生殖年齢の男性には重要な前立腺の機能も役割が終わると、肥大して尿道を圧迫したり、ガンを発生させたりと健康を脅かすようになります。

前立腺は男性にある生殖器で、精液の一部を作り、同時に排尿を調整する役割があります。前立腺は、尿道を囲むようにある為、前立腺が肥大化すると尿道が圧迫され、排尿トラブルが起こります。
また、前立腺肥大症の治療で、勃起機能が改善することが明らかにされています。

前立腺の肥大は、男性が50歳を過ぎるころから発症することが多い。
したがって男性の場合、前立腺肥大症は加齢にともなってだれにでも起こりうる病気だといえます。

尿の出方の異常がある場合、多くの男性が水分量を減らしたりしますが、水分を減らすことで尿の量も少なくなり、いよいよ排尿の状況が悪化します。トイレに行っても勢いがなく排尿量が少なくキレも悪くなり、その為いつも残尿感を感じるようになります。

日常生活で注意することとして、水分を通常通りとり、身体を冷やさず温かい飲み物をとるように心がけましょう。但し、利尿作用があるコーヒーなどはさける。

座った姿勢で長時間いると、下半身の血流が悪化し前立腺にも悪影響を及ぼします。
意識して、立ち上がり歩いたり屈伸運動をすることで、下半身の血流をよくしましよう。できれば意識してウォーキングや散歩をし、下半身の血流を活発にすることを心がけましょう。

欧米7カ国の1万人を対象とした調査、下部尿路症状がEDを引き起こす危険度は糖尿病の約2倍でした。
この背景には、局所的な貧血が関係していると考えられています。
下部尿路症状の原因である前立腺肥大症を治療すると、勃起機能が改善することが証明された居ます。

また、EDの原因の一つである一酸化窒素の不足も、テストステロンという男性ホルモンの減少が関係しているといわれています。
一酸化窒素は勃起をはじめ、血圧の降下、動脈硬化の防止、血管や気管の拡張、前立腺肥大、利尿作用などに関わっています。

下部尿路症状である前立腺肥大症も、またその治療薬なども性能力低下を促進するようです。

今、男性機能を回復させるテストステロンの分泌を促進する効果があると、今注目されているのがトンカットアリです。
トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により勃起改善や精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから