本文へスキップ


5分で、三叉神経痛の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

三叉神経痛

脳から出ている三叉神経からは、3つの神経の枝が出ており、痛みなどの顔の感覚を脳へ伝達している役割の神経です。

三叉神経痛とは、三叉神経に脳血管が当たることで、その領域に突発的に何かしらの異常が起きて、非常に強い痛みがおこる病気です。

通常、末梢神経の経路に沿って起こる激痛を神経痛といいますが、三叉神経痛の症状は、洗顔、ひげ剃りかむ 、歯磨き、などの動作の際に片側の顔面に痛みが出ることです。
三叉神経痛の特徴は、片側の顔に突発的の起こる痛みで、数秒間~数十秒間痛むこともあり、電気が走る感じや針を刺す痛みと表現されたりします。

三叉神経とは、痛みなどの顔の感覚を脳へ伝達する神経です。
これは脳から出ている神経で、三叉神経から3つの神経の枝が出ています。

〇眼神経
三叉神経痛眼神経は、眼、鼻など、頭の前の部分の感覚を支配している神経です。

〇上顎神経
上顎神経は、上顎、上の歯、上唇、頬、口の中など、顔の真ん中の感覚を支配している神経です。

〇下顎神経
下顎神経は、舌、下顎、下の歯、下唇、頬、耳など、顔の下の範囲の感覚を支配している神経です。

三叉神経痛の痛みは、数秒から2分間ほど続く痛みが、発作的に繰り返します。
痛みの時間は短いが激痛なのが特徴で、痛みが強烈な為に、痛みを誘発する動作を避けようして、顔を歪めてしかめ面になったり、うつ状態になることもあるようです


三叉神経痛には、突発性の症状と慢性的な痛みがあり、慢性的な場合は中には、顔の皮膚に虫が這っている感じや、痺れる感じとかなどの症状もあります。
ズキンと顔の片側に突き刺す鋭い痛みがある場合、三叉神経が血管に圧迫され起こっているものです。

原因としては
三叉神経痛は、この脳幹から出て3本に分かれるまでの部分が圧迫されることで発症し、大半は血管による圧迫が原因です

要因と考えられているのは
■物理的、環境的なストレス(暑さ・寒さ・気候・騒音)
■生物的ストレス(細菌・ウイルス・黄砂・花粉)
■身体的ストレス(病気・怪我・疲労・姿勢)
■精神的ストレス(人間関係・死別・別れ・仕事・恐怖・不安・失敗・挫折)

三叉神経痛は、1本の神経枝に痛みがでる場合と、第1枝と第2枝、や第2枝と第3枝と2本以上にでる場合があります。

痛みの持続時間や頻度やは変化しますが、時間がたつてくるほどひどくなる傾向があります。

三叉神経痛は、蓄積疲労やストレスなど生活習慣が要因となることが多く、日頃からこのような要因を意識した生活を心がけることが大切なようです。

そこで、現在リウマチの特効薬と注目されているのが、奥アマゾンに自生するキャッツクローで、主成分である6つのオキシインドール・アルカロイドはイソテロポディンを筆頭に免疫機能正常化作用を持ち、さらにキノビック酸は抗炎作用をもたらす物質が関節の炎症を抑えます。
免疫組織が活性化され、機能が正常化に向かうことによってリウマチは改善されるようになるのです。

ドイツのH・ワグナー博士は、キャッツクローに含まれているアルカロイドなかでもイソテロボデインという成分が免疫力を正常化する作用をつきとめました。
さらに、キャッツクローに含まれているキノビック酸のグリコンシドは炎症を抑える効果が期待できます。

リウマチや三叉神経痛の改善や痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら