本文へスキップ


5分で、膝痛を起こす病気がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

膝痛を起こす病気とは

膝痛は、怪我や加齢によって、膝の軟骨や骨の破壊が進んだ状態が多いようです。

膝関節一般的に多いのは、変形性膝関節症で進行すると膝に水が溜まり、正座や階段の上り下りが困難になってきます。
また、体重の増加や怪我で関節に負荷がかかり、膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で、膝関節が痛み、動きも悪くなります。
膝の違和感や痛くなる原因としては、膝関節や足の筋肉に負荷がかかる動きを長期間続けることで、膝の可動や膝関節の構造に問題が起きます。

いつのまにか膝へ負荷がかかる場合ありますが、日常の姿勢や無意識に片方の足へ重心をかけた状態だったり、赤ちゃんを腰へ乗せるような抱っこをするなどで、慢性的に負荷が部分が偏り、膝に無意識に負担をかけることがあります。

膝の痛みが起こるのは、膝関節に負荷化ががるケガや病気が関係していることが
多く、その要因は下記の通りいろいろです。

変形性膝関節症
加齢による関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性がおきて、骨自体が変形してしまう変形性膝関節症は、膝を可動させると炎症と強い痛みが発生し、膝に水がたまったりします。

関節リウマチ
朝のこわばりと関節を動かした場合の痛みや圧痛が発生する関節リウマチは、関節包を覆う滑膜に炎症が起きる病気で、手の指関節や手首の関節に起こるのが一般的ですが、膝の関節にも起こり、左右で複数の関節で同時に起こります。

関節の症状として、関節の痛みや腫れ、そして朝のこわばりなどがおこりますが、全身症状として倦怠感や微熱、貧血などの症状も出てきます。

膝関節靭帯損傷
膝の関節の中にある靭帯が切れてしまうことで、中でも膝前十字靭帯損傷は、靭帯が切れた時にブチッ・バキッなどの音と同時に、ズキズキした痛みが起こり、その後に腫れてくるのが一般的です。
その他の症状として、踏ん張ると膝がガクっとなったり、グラグラと不安定に感じることがあるようです。

腸脛靭帯炎
腸脛靭帯炎とは、骨盤の骨からスネの骨までにつく靭帯に炎症が起きてしまう症状で、膝の屈曲げ伸ばしで負荷かかるのが要因と考えられています。
腸脛靭帯炎の特徴的な症状として、炎症での膝の外側のズキズキした痛みで、スポーツなどによる成長期の障害としては代表的なものでもあります。

特発性膝関節血症
特発性膝関節血症とは、何らかの原因で膝の滑膜や半月板の血管から出血を起こし、膝の内部に血液が溜まる症状のことで、高齢者や高血圧の人に多く、膝関節内に血液が溜まることで腫れたり、痛みを起こします。

半月板損傷
膝関節内にある半月板に亀裂が生じたり、欠けたりした状態を半月板損傷といい、膝にかかる負荷を分散したり、衝撃を吸収する役割を持ってい膝関節のクッションのである半月板が損傷する病気です。
半月板が損傷すると、膝を曲げたり伸ばす時に痛みやひっかかりがあり、進行すると膝に水が溜まって腫れる場合もあります。

骨のがん
骨のがんには、臓器に発生し骨に転移する転移性骨腫瘍や、もともと骨で発生する原発性骨腫瘍があり、膝に痛みが生じ、腫れがおこり動かさなくても痛みや腫れが発症し長く続きます。

どうして膝が痛くなるのでしょうか

膝には、平地を歩いているときでも体重の約3倍、走っているときには約10倍、階段の上がり下がりでは約7倍の荷重がかかります。
このように膝関節には、大きな衝撃が加わるために、障害が発生します。原因として、老化のほか肥満、スポーツ障害、偏平足、O脚、外反母趾、重労働、半月板及び靭帯の損傷、骨折後の変形などがあげられます。
膝の痛みを訴えている人のうち、半数以上が変形膝関節症です。特の40才以上の中高年の人の多く、圧倒的に女性に多いのが特徴です。

膝関節の仕組み


例として、変形性膝関節炎ではつぎのような症状が現れます。
ただし、これらの症状は、急にひどくなるものではなく、何年もかけて徐々に進行するのが特徴です。

① 膝の違和感・・・はじめは、著つとした動作から膝の違和感が始まります

膝のこわばり・・起床直後、動きにくかったり、長時間座ったままでいると、関がこりかたまったりします

膝の痛み・・・症状が進行すると、徐々に痛みをともなうようになります。
軽症のうちは、歩き始めや、膝を動かし始めたときに痛みます。

膝に水が溜まる・・膝に水が溜まる症状がおきる人もいるようです。
膝が腫れ水のため膝をまげようとするとはったような感触を受けます。

水がたまる為の要因は関節炎(化膿性関節炎・慢性関節リウマチなど)や、半月板という軟骨が損傷を受ける、関節内に軟骨などのかけらがある等さまざまです。

⑤関節の変形・・・変形性膝関節炎は、O脚気味の人に多く見られる病気でが、進行するにつれ、O脚の度合いがひどくなっていきます。

これは、膝の内側の軟骨がすり減った結果、体重が膝の内側にかかるようになり、重心の軸が内側にずれるためです。
O脚はゆっくりと、少しづつ進行していきます。

膝の関節に炎症が起きる膝痛には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら