本文へスキップ


5分で、半月板損傷の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

半月板損傷

半月板図半月板損傷は、膝関節の中にある半月板が、なんらかに原因で損傷を受け、それにより障害を引き起こす病気です。
半月板は、三日月形の線維軟骨の組織で、大腿骨と脛骨の内側と外側の関節のすきまにあり、膝への衝撃を吸収したり負荷を分散したりする役割をもっています。

内側半月板は、主にスポーツなどで、膝にひねりの負荷がかかると損傷を起こしやすく、外側半月板は先天的に半月板の形態が大きいと、自然発症により損傷が起こります。

膝は体重の負荷が強くかかる部位で、片方の足に体重の10倍以上の重量がかかることもある為、半月板も大きな負荷と力がかかります。
半月板損傷は、膝関節内にある半月板に亀裂ができたり、欠けたり損傷ができた状態です。
半月板損傷は、急激な動きや無理な体勢で膝を動かしたり、強い衝撃を吸収しできない負荷がかかる場合、半月板が欠けたり亀裂ができた状態です。

若い時に比較的多い傷害で、外傷が原因のことが大半ですが、加齢により傷つきやすくなるため、高齢者では軽いケガや日常の動作でも損傷することがありますし、長年の半月板の負荷が蓄積して発生する場合もあります。

 ●膝関節の仕組み


半月板は一度損傷した箇所が再生することはありません。
半月板の損傷で衝撃吸収力が弱まると、膝を支える力も低下して日常生活でもひざへの負担が蓄積して関節軟骨がすり減り、すり減った骨のカスや、裂けた半月板が周囲の組織に影響を及ぼし、炎症を起こし痛みを発生させます。

半月板損傷を起こしやすいスポーツは、
野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、テニス、ラグビー、
スキー、格闘技などです。


半月板損傷の可能性は、問診や触診で痛みや関節の動きを確認することで確認できます。X線撮影やMRI検査などの画像検査で骨の確認して最終的な診断を下します。
また、内視鏡検査で破損した半月板の状態をより詳しく調べることもあります。

半月板損傷の主な治療法には、保存治療と手術療法がありますが、損傷した位置によって治療法も異なります。

半月板損傷の治療は、損傷した部分の修復が主体で、破損の状態により治療法が採られます。
破損が軽度の場合は手術ではなく、患部をサポーターで固定したり、温めたりするなどの保存療法がおこなわれます。
ロッキングなど膝が伸ばせない場合は、破損した半月板を縫合、または切除する手術が行われます。

半月板の再生について
半月板は一度損傷した箇所が再生することができない為、完全に元通りに戻すことはできないというのが現状です。
現在、自分の膝の幹細胞を使って半月板を再生させる治療法が日本で開発され、現在臨床研究が進んでいます。

再発防止のために、
半月板損傷は大部分急性のケガのため予防は難しく、スポーツ中の膝への負荷を減らして、すこしでも半月板損傷を回避することが重要です。

予防としては、下肢筋肉や体幹筋肉のインナーマッスルやストレッチ、バランス訓練やウォーミングアップを行うことで膝の捻挫を防ぐことがすすめられています。

膝の関節に炎症が起きる膝痛には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら