本文へスキップ


5分で、更年期の筋肉痛の原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■更年期の筋肉痛

更年期の女性が筋肉痛に悩まされるのは、女性ホルモンの分泌低下により自律神経が乱れ血行が悪くるこことで起こるものです。

女性更年期の時期に起きる筋肉痛は、筋肉に負担がかかり筋肉痛が起こるのとは異なり、筋肉痛を起こすような激しいスポーツや重い荷物を持たなくてもズキズキと筋肉が痛んだり、ヒリヒリしたり常に鈍痛がする、筋肉が張っている感じがするといった症状をもたらします。

通常、筋肉痛が起こる場合は、筋肉の繊維が壊れて発生します。
運動不足の場合は少し筋肉に負荷がかかるだけで筋肉痛になることも有ります。
筋肉痛があるけど筋肉に何も負荷をかけていない場合、リウマチや膠原病の可能性もありますので注意が必要です。

負荷がかかり筋肉繊維が損傷した場合、繊維を修復し回復する作用の中で、ブラジキニン・ヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジンなどを発生させますが、それは繊維周辺の組織より痛み原因物質です。
長い間、運動不足が続くと筋肉は退化し小さくなり、そのために少しの衝撃で筋肉繊維が傷ついてしまうことがあります。
また、肥満による筋肉への負荷そして正座や床ずれなどの身体への肉体的ストレスなど生活する中での意識していないうちに、筋肉繊維を損傷させて筋肉痛を感じる場合もあります。

にたような筋肉痛の症状が起こる病気としては

膠原病(こうげんびょう)
免疫不全に関係する病気で症状によっては、体中の血管や皮膚等に炎症ができる病気で原因がわからないことが多く、筋肉痛のほかにも発熱や発疹といった症状が起こることがあります。

リウマチ
筋肉痛を発生させる病気として、自己免疫の異常でおきるリウマチも主に筋肉や関節の痛みがひどい場合もあります。

線維筋痛症
体にこわばりや痛みを感じる病気ですが、おもに中年以上の女性に多い病気で検査しても異常が出ないことが多く、原因不明の病気とされてしまうことが多いです。

そして、45才~50才の女性が悩む更年期障害の症状にも筋肉痛はあります。

更年期において筋肉痛に悩まされる人は想像よりも多く、これは女性ホルモンの分泌低下により自律神経の乱れることで血行悪くなる事で起こるものです。

女性更年期の時期には、筋肉痛を訴える方も増えます。
身体の特定の部分に負担がかかる重量の荷物を持ったりした場合も、筋肉痛が起こることがありますし、普段は身体をあまり動かさない人が激しいスポーツをしたり、運動不足の人が急に運動することで筋肉痛は起こりやすいものです。

それとは異なり、更年期に入ると血流が悪くなり、筋肉が委縮し筋肉痛をおこす場合は、エストロゲンの分泌量の低下が大きく影響しており、身体のホルモンバランスの急激な変化により体内環境や自律神経の乱れが原因で起こります。

更年期は血流が悪くなり、心臓に近い血管が拡張ぎみになって顔や上半身がほてります。逆に指先や足先の血管は縮小して血行が悪くなってしまい、足や腕の血の流れが悪くなって、筋肉が委縮し筋肉痛が起こりやすくなるのです。

女性更年期の筋肉痛は、激しいスポーツや重い荷物を持ったわけでもないのに、筋肉がズキズキやヒリヒリと痛みを感じたり、常に鈍痛が続く、また筋肉が張ったような症状が出ます。

このように更年期は、血流が悪くなり筋肉が委縮し筋肉痛をおこしますが、原因はエストロゲンの分泌量の低下が影響しホルモンバランスの変調により自律神経の働きが乱れることで起こります。

女性更年期で起こる筋肉痛は、一般的な筋肉痛と違って冷やさず、お風呂にゆっくり入ったり、温熱マッサージなど体を温めて血流を促進してあげることが大切です。

筋肉痛を改善し、更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。
このような、更年期の筋肉痛を改善する治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証された、マカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善します。
マカのお試用のご案内はこちらから