本文へスキップ


5分で、更年期の不眠の原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


            
             

■更年期の不眠

一般的に、夜になると睡眠を誘うホルモンが分泌されますが、更年期になるとホルモンの変調で、すぐには眠ないことで寝不足になってしまことがあります。

また、更年期は女性ホルモンバランスの変調により、火照りた寒気を感じこの症状が原因で不眠症になる人も多いようです。

更年期の女性は不眠症を改善する為に、薬で治療する人も多いのですが薬に依存して薬が無ければ眠れない悪循環になってしまうことがあります。

出来るだけ薬に頼るのはやめて、寝る前はホットミルクやハーブティーでリラックスする時間を作り、またサプリメントなどで女性ホルモンの分泌を促進させ体内環境を整えましょう。

寒いとを感じる場合は、ホッカイロや湯タンポを活用し、火照ったときはアイス枕やアイスノンなどでなるべくやさしく睡眠環境を整えましょう。
日中に運動をすようにすることで、身体リズムを整えると眠りに入りやすくなると思います。

睡眠には2種類のパターンがあり、眠り始めは最初に現れるのはノンレム睡眠(深い眠り)であり、その後にレム睡眠(浅い眠り)へと移っていきます。
そのあと又ノンレム睡眠へと移り、このようなサイクルは約90分周期で寝ている間に4~5回繰り返されています。
 
脳が休憩している状態のノンレム睡眠では夢をほとんど見ませんが、体を支える筋肉は働いていて、反対にレム睡眠では、身体は眠っていても脳は起きている状態で目覚めの前の睡眠状態でもあり、この時に目が覚めるとすっきりと気分よく目覚めることが出来ます。

睡眠は性質の異なる2種類の眠りで構成されており、これらの性質の異なる2種類の睡眠により、身体と脳の休息が行われ心身共に疲労回復が出来きています。
そして寝ている間にホルモンが分泌され、身体の細胞が新陳代謝されて新しくなっており、良質な睡眠が生きていく上で大切な要因になっています。

特に女性の身体は女性ホルモンによってコントロールされています。
女性のからだにもっとも深くかかわっているのがエストロゲンで、女性ホルモンといえば、エストロゲンをさすこともあります。

更年期は、そのエストロゲンの減少してし、これにより、更年期特有の症状が原因で不眠症を発生させているのです。
生理不順、生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の不調、イライラ、不安、不眠、物忘れなどの心の不快症状、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどすべて女性ホルモンの影響です。


まずは本来のホルモンバランスに改善することで、体内環境を整え、更年期特有の障害を緩和し、交感神経や副交感神経である自律神経を正常化することで、不眠症状も改善されてまいります。

このような不眠の症状で悩む更年期の女性には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を増やしホルモンバランスを整えることが重要です。
エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善します。
マカのお試用のご案内はこちらから