本文へスキップ


5分で、気になる症状の原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.















                              

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロン2種類があります。
ホルモン分泌の管理しているのは脳の視床下部というところです。
視床下部は、血中に流れ込むあらゆるホルモンの量をつねに管理して、少しでも分泌量に増減があると、最適なバランスにコントロールしています。
エストロゲンは女性らしさのホルモンで、思春期から分泌量が多くなります。
エストロゲンは、女性らしいからだつきを作り、子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、受精卵の着床を助けたりし、卵を作る女性ホルモンでもあります。
またにも、エストロゲンが大きくかかわってきます。
エストロゲンの分泌低下で、自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、筋肉、胃腸、脳の働きに変調をきたします。