本文へスキップ


5分で、更年期の肩こりの原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                        
 

■更年期の肩こり

閉経前後の更年期は自律神経失調で血行が悪くなり、肩の筋肉がハリやコリの症状が出てきます。

一般的に、女性が経験する体長不調などの症状が出てくる更年期の障害は悩みの種ですが、今までは肩こりや首の付け根のコリなどは未経験だった女性が、45歳を過ぎた更年期になったあたりから、肩のまわりの部分のこりに悩まされるということが多いようです。

肩こりの症状としては、首の付け根から肩にかけて発生しえて背中の方にまでコリが続く場合もあります。
姿勢が悪いと筋肉バランスが崩れ部分的に筋肉の緊張が起こってしまい、頭蓋骨を支えている首の筋肉に負担がかかり首の周辺のコリとなります。
特に首の筋肉に大きな負担をかけている下を向いて作業を続けている仕事では、首の付け根のコリとなります。

肩を吊り上げている筋肉が弱い場合、重力の影響を受け筋肉が常に緊張しているコリ状態となってしまいます。
また、肩こりは筋肉量の少なさや弱さが原因だけではなく、蓄積過労・睡眠不足・精神的ストレス・姿勢が悪さや、ホルモンバランスの崩れも要因となっています。

肩こりは、それ自体が重大な病気になることはありませんが、肩から背中にかけての違和感や不快感は肩こりで悩んでいる人にとって大きな暮らしの障害となります。
湿布など手軽に行える緩和方法は、スッとした効き目で、重くのしかかっていた肩のコリが解消されることもあります。
しかし、一過性なものですので根本的な解決策では有りません。
肩こりを起こしている場合は、同時に目の疲労を起こしていることも多くあり、
仕事でデスクワークにより同じ姿勢で、パソコンなどで目を酷使していることが原因で肩こりに悩んでいる人も多いようです。

更年期障害特有の症状である肩こりは、女性ホルモンの減少が影響しています。

卵巣で作られる二種類のホルモンからなる女性ホルモンというのは、この分泌が月のうちの周期で入れ替わることによって、体のバランスが変化しています。
PMSとは、その変化の過程で出てくる不快な症状のことをと言いますが、女性ホルモンの分泌量そのものが急激に減少する女性更年期障害では、PMSとは異なる症状が現れてくるのです。

その症状一つが、これまで肩こりなど未経験のだった人が急に肩こりに悩まされるようになることが挙げられます。
特に、女性ホルモンの二つのうちのひとつである、エストロゲンの減少が肩こりがひどくなる一番の原因です。
エストロゲンが低下により体の中の筋肉や、ある特定の箇所の血液の巡りが悪くなるという症状をもたらします。

エストロゲンの分泌低下すると血液の巡りが悪化してしまいます。

筋肉がバリバリに凝ってしまうことによって起こる肩こりは、一番の原因は血流が悪くなることですから、エストロゲンの減少にり筋肉がこわばり、そして肩こりの未経験だった女性が肩こりになり、もともと肩こり持ちの女性はさらにひどくなるわけです。
ただし、女性更年期のエストロゲンの減少により、肩こりとなりますが、それが女性更年期障害によるものか、パソコンなどによるデスクワークの眼精疲労から来ているものなのか、判断がむずかしいところがあります。

年齢的に更年期に当てはまる場合は、肩こりがひどくて苦し症状であれば、婦人科の医師に相談してみるのもよいでしょう。
他にも適度の運動をしたり、肩を温めて血行を良くするのも効果があります。

女性更年期の肩こりの原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の低下ですのでその改善には、エストロゲンを増やすことが重要です。

女性更年期の肩こり症状を改善する治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証された、マカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに整え、女性更年期障害の肩こりを緩和します。
マカのお試用のご案内はこちらから