本文へスキップ


5分で、女性更年期障害の原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                  
       

■女性の更年期障害

女性の大部分の不調は、女性ホルモンの分泌によるホルモンのバランスが乱れが原因なのです。
女性は、一般的に40歳前後から体内環境あ変化し、いままで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が減少してくるのです。

それにより、女性ホルモンのバランスが乱れ自律神経や身体にまで影響が及び、特有の更年期障害の症状がでてきます。

生理不順、生理痛、頭痛、腹痛、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの身体の不調、精神的なイライラ、不安、不眠、物忘れなどの他、乾燥、吹き出物、シミ、シワなどのお肌の問題も女性ホルモンの影響です。

中年になると卵巣が脳下垂体の指令通りに女性ホルモンを分泌することがむずかしくなり、閉経となりますがこの体の変化によって生じるのが更年期の症状です。

年期障害は皆さん知っおられますが、更年期については閉経後のことと思っている人が多いようです。
これは更年期の後半のことで、更年期とは卵巣の働きが衰えていき女性ホルモンの分泌が減少し最後には停止することで、女性ホルモンが欠乏した身体がなれ安定するまでの閉経前後の時期をいいます。

つまり、更年期とは閉経する前後10年ぐらいの期間を指しています。
現在、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいとなっていることから、40代半より50代半ばまでの時期が更年期にあたりますが、個人差も大きく人によっては30代後半より卵巣機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。
これには、若い頃に負担のかかるダイエットをしていたり、不規則な暮らしや食生活を続けてきたことで、ホルモンバランスにも悪影響を起こしている場合が多いようです。
また、更年期になっても症状を意識しない人いれば、調子が悪く寝込むほど日常生活も苦しい人もいます。このような違いは、ホルモンバランスの状態が大きな要因になっています。

通常は、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどの、低下することが原因になります。 卵巣は思春期の女性の場合は、数十万個の卵胞がありますが、40歳前後を過ぎるとその数は急激に少なくなり、50歳になるころには数千に減少するといわれています。

その減少と同時に卵巣の機能も衰えて、それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が徐々に減少してくるのです。
このように体のホルモン環境は変化するわけですが、その影響で卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こってきます。
脳の視床下部によってコントロールされている卵巣の機能は、視床下部からの指令を受けて脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンが分泌されています。

しかし、指示を出しても女性ホルモンが卵巣から指示の通り分泌されないので、性腺刺激ホルモンがどんどん分泌され、さらに体内のホルモン環境がアンバランスになっていくのです。
視床下部にはホルモンをコントロールする中枢だけではなく、情動や自律神経の働きを司る中枢が集まっており、そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経の作用にまで影響が及ぶことで数々の症状が出てくるのです。

40歳後半の月経の乱れは更年期の兆候はと思われます。
人により月に2回も月経がくる場合もありますが、月経血そのものの量は少なくなります。
今まで、規則正しかった月経が、最初は短い周期で訪れるようになるのは、エストロゲンの減少にともない分泌もっとしようと、性腺刺激ホルモンを脳下垂体からがどんどん分泌させるのが原因です。

この時期の後、月経周期はすごく乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、ダラダラ続いたり又、短期間で終了るなど大きな変化が起こります。
そして、月経の周期が長くなっていき、閉経を迎え、通常は1年以上月経がなければ、閉経と考えられます。

この月経が乱れはじめたころから同時に現れる症状が更年期障害です。
更年期障害は、自律神経の変調で起きる症状で典型的な症状が「ホット・フラッシュ」、いわゆるのぼせと発汗です。
気温や湿度に関係なく突発的に上半身がカーッと暑くなり、発汗します。ときには、動悸やめまい、脈の乱れを伴うこともあります。
手足の冷えや耳鳴りなども多い症状で、その他、、頭痛、肩こり、腰痛、疲労倦怠感、性交痛・トイレが近い、腟や尿道がヒリヒリするなども多い症状です。
そしてライラしたりクヨクヨする、うつ状態になる精神症状も更年期に多く経験する症状です。


自律神経の変調で起きる症状を軽減する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホットフラッシュの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善しホットフラッシュの症状を緩和します。
マカのお試用のご案内はこちらから


バナースペース


 ■女性の更年期

 ■更年期障害(女性)

 ■更年期診断チェック

 ■更年期と生理不順

 ■更年期のホットフラッシュ

 ■更年期の不眠

 ■更年期と自律神経

 ■更年期の汗と臭い

 ■微小血管狭心症

 ■更年期と肩こり

 ■更年期と筋肉痛

 ■更年期とめまい 立ちくらみ

 ■更年期と唾液分泌低下

 ■更年期の詳しい症状

 ■更年期生活のポイント

 ■女性ホルモン