本文へスキップ


5分で、股関節痛の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

股関節痛

私たちは、誰でも年齢とともに弱ってくるのが、足腰で両脚のつけ根にある股関節に問題であることが多いようです。
原因として股関節のねじれやゆがみを放置して、いつの間にか、変形性股関節症になっていることは少なくありません。

股関節は、両脚のつけ根の部分で、骨盤と大腿骨に連結する関節です。
お椀の形の寛骨臼と球体の骨頭から構成され、連結部分が球体の形状の為、前後・左右の方向に動かすことが可能な関節です。
その股関節のその役割を充分理解している人は、と少ないようです。

股関節が歪んでいることで、身体の不調や不具合を起こすほか、肥満の要因になるともいわれています。
また、股関節に歪みがあると足が引っかかる、もつれる、転びやすい、症状などが起きてきます。

関節痛は、何かの原因で骨と骨をむすぶ筋肉や軟骨が、軟骨が削れたり又は、炎症を起こし痛みが発生しているのです。

誰もが関節痛になる可能性を持っており、加齢や老化で関節痛になる場合や、スポーツによって起こる関節痛や脱臼、病気に起因して痛みが出たりします。

関節痛でいうと、一般的には変形性股関節症などを疑います。

股関節痛の改善には、股関節にかかる負荷を軽減するため、適度な体重維持が重要です。変形性股関節症は、変形性膝関節症と同じように軟骨がすり減り磨耗し炎症を起こして、痛みを発生させる病気なので、肥満は重要な悪化要素です。
足の付け根が痛い場合は、股関節周囲のストレッチをすることが効果的です。

股関節のゆがみをおこす原因は、日常生活の動きにあります。

1 膝頭を内側に向ける内股歩きのよう動き
2 立つときに膝の後ろを突っ張る動作
3 ハイヒールの使用と過度な運動
4 体重をねじって関節にかける座り方
5 バランスの悪い片足立ちや猫背等の姿勢

ぺちゃんこ座りや横座りや、片足に体重を乗せて立った姿勢、内股歩きなどの習慣がO脚になってしまい、結果的にゆがみをおこす股関節変形の原因となる事が有ります。
これら股関節のゆがみやねじれを改善していくことが大変重要です。

股関節は、身体の体重を支える関節なので、なじん帯や筋肉も丈夫でしかりと固定されており、立つ、歩くという動きすべてに、大きくかかわってきます。

生活動作を改善してほしい人

1、横座りやぺちゃんこ座りを人
2、足をよく組む人
3、歩く時、左右で足の出しやすさが違う人

歪みが股関節に起こっている人

1、あぐらは痛くて出来ない人
2、長く歩くと足のつけ根や、腰が痛くなる人
3、股関節が痛い人
4、足裏を合わせて座って時、左右ヒザの高さが違う人
5、上向きで寝ると足の開き方が左右で違う人
6、股関節脱臼をしたことがある人
7、腰も股関節も痛い人
8、股関節の痛みで歩けない人


股関節と腰や骨盤は、お互いに影響を与えています。股関節は骨盤にはまっている関節であり、また、股関節を支えるため、腰の骨や骨盤部分と筋肉をかいしてつながっていいます。

股関節の動きは、歩き方や座り方そして、日常生活の動きやクセなど影響されます。股関節部分の痛みは、通常は骨盤、腰などにまで影響が出てきたりしますが、股関節の痛みは、骨盤や股関節のゆがみを改善することで、痛みが緩和される場合が多いようです。

股関節の損傷は以外に多く、痛みを感じてない人でも、この股関節の不具合により他の部位の故障の原因になっている事も多いようです。

代表的なものとしては、腰痛や膝痛に関係している事や、顎関節症の原因になっている事もありますが、この場合、股関節を治さなければ顎関節が治らない傾向にあります。
関節に炎症が起きる関節痛には、抗炎症作用と鎮痛効果があることで、今奥アマゾンで自生するキャッツクローが注目されています。

その効果は、キャッツクローが含むアルカロイドと呼ばれる、自然の薬理成分のよるものです。
ドイツのH・ワグナー博士は研究では、キャッツクローには、他のハーブにはない6種類ものアルカロイドが含まれており、中でもイソテロポデインという成分が免疫力を正常化する作用があり、キノビック酸のグリコシドは炎症を抑える痛みを緩和する作用があることがわかりました。

関節痛の痛みの緩和については、94年、WHO(世界保健機関)でも有効性が確かめられ、また日本の医療機関でも「キャッツクローの腰痛・神経痛に対する有用性」
を調査する臨床試験で、その効果が想像以上にすぐれていることが実証されました。キャッツクローのお試用のご案内はこちら