本文へスキップ


キャッツクロースーパーDXお試用のご案内

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.












同じペルー産のキャッツクローでも、産地や樹齢にもより、樹皮の色や味、成分の含有量なども大きく違います。
キャッツクローには、ウンカリア・ギアネンシスとウンカリア・トメントーサの2種類ございますが、世界的な研究ではこの2種類の内、ウンカリア・トメントーサの方が効能的にも高いとされています。また、ウンカリア・トメントーサの中でも奥アマゾンの自生と植林したものとの違いの他、キャッツクローの樹齢による有効成分の違いも確認されています。
■品質の高いキャッツクローの三要素■
1、キャッツクローの種類がウンカリア・トメントーサであること
(世界的な研究で有効成分の含有率が高いと確認)
2、植林したものより、奥アマゾンの自生キャッツクローであること
(アルカロイドなどの有効成分の品質もよく含有率も高い)
3、樹齢7年以上の成木の樹皮であること
(ペルーでは植林が進み5年以上成長したキャッツクローの樹皮を採取し出荷することができますが、欧米の研究ではキャッツクロウは7年以上経過して成木となり、含有成分が大きく変わる)

                

関節痛について
関節は、スムーズに動くために構造上、様々な工夫がなされています。
その一つが骨と骨の間にある関節軟骨です。関節を動かした時の痛みの原因はここにあるのです。関節軟骨には血管や神経は通っていません。
体の組織を形作る栄養は血管を通して送られますから、関節軟骨は修復や再生がほとんどされないとても弱い器官だということがいえます。
そのため関節軟骨には老化の影響が大きく出ます。
年をとるにつれて関節軟骨は大きく変化していくのです。長年に渡って関節が使われ、骨がぶつかり合うことで軟骨がすりへっていく、いわばガタが来てしまうのです。