本文へスキップ


5分で、中年のセックスレスの原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■中年のセックスレス

男性は、セックスについて異性との関係が安定し、刺激が低下すると
性欲が減少します。

性欲は個人差があり、セックスレスの要因は男性も女性もあります。
男性は異性との関係が安定すると性欲が減少し、女性は逆に性欲が高まる傾向にあります。

男性は夫婦や家族になることで又、子供をできたことで安定感が強くなり、同時に性欲が低下してきますが、それは男性機能特有のものです。

男性がセックスを拒否する理由。

■エロチックな気分になんとなくなれない
■妻が女性からお母さんになり、セックスの対象ではなくなった
■元々男性の性欲が弱く異性への興味が薄い
■マンネリ化で刺激がないくセックスがつまらない
■勃起不全気味でSEX事態に自信が持てない
■オナニーの方が感じて満足感がある


女性がセックスを拒否する理由。

■仕事と家事で疲労困憊。睡眠優先。
■夫が生活上の家庭内の同志的存在になってしまった
■子どもがそばに寝ているのにセックスする気になれない
■セックスしても気持ちいい快感がない
■男性の快楽の目的だけのセックスをしている気分
■夫を男性としての性的魅力の対象に感じない
■セックスしても濡れない、痛い、感じない
■自分でオナニーした方が手軽で満足感がある


セックスの現状
セックスレス写真夫から誘われることはほとんどなくセックスレス。
出産」がきっかけでセックスレスになりました。
いつも夫が今日は疲れているから言いとセックスレス
セックスのせいかイライラとしてしまいます。
完全に冷めきってセックスレスで一生このままと考える

そして、セックスレスは「愛されていないのではないか?」「魅力が無くなったのでは?」と不安になり、なんだかイライラすることが多くなり、夫やパートナーへの不信感が強くなるいつの間にか、顔を見れば口げんかや、会話がなくなる、そんな最悪な状態になってしまいます。

セックスレスは性行為以外のものまで影響します
セックスレスとは、特別な理由がなく、男女間の性交やセクシュアル・コンタクトが1ヶ月以上なく、長期にわたると想像できる場合です。

女性は一般的に、男性は性欲があると思っており、男性の性欲減退に理解がありません。また、男性も女性のセックスは受け身だと考えている為、セックスに積極的な女性を避けたがります。
この男女双方の認識の違いが性欲とセックスの溝をさらに深めてしまいます。

男性はなぜ性行為をしたくなるのでしょう。そしてどんな時に興奮しどんなことで快感をおぼえ、また男性のセックの悩みやコンプレックスは何なのか
このような性に対する男性の考え方を知らないままだと、セックスレス解消の根本的な解決にはなりません。

一般的に女性は、セックスレスが解消により、性行為を取り戻すと思っていますが、セックスレスで性行為以外に失われてしまったことが多くあり、同時に愛情や思いやり、コミユニケーションなど、それらも取り戻す必要があります。
セックスは、男女間のそれぞれで性欲も性感も異なりますので、他のカップルとの比較は意味がない事です。

パートナーから感じる精神的、肉体的な温かさは、精神的な疲労とストレスの解消となり、特に男性は、加齢とともに肉体的な関係以上に、精神的ものを
求めるようになります。この背景には男性ホルモンであるテストステロンの分泌量の低下による精力減退が要因のようです。

このことは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を増やすことで、行動が積極的になり性欲も増大しセックスレスが解消されることを意味しています。
日常生活をともにしている妻への絶大な信頼があり、自分のことを最もよく知る妻が良いと判断したものであれば、飲んでみようかと夫は思うようです。

そこでテストステロンの分泌を促進する効果があり、男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから

バナースペース


 ■男性ホルモン
 ■性欲が弱い
 ■ 精液の内容と量
 ■精子の困った問題 
 ■
 ■
 ■
 ■

 ■