本文へスキップ


5分で、性欲が弱い原因と対策がわかる情報ページ

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


   
                      

■性欲が弱い

性欲が低下する要因としては、加齢や生活習慣、過剰なストレスなどにより男性ホルモンのテストステロンの分泌量が低下することで、心身に様々な不調や無気力や性欲減退を引き起こします。

男性機能を左右するテストステロンの量が減少するので、性欲減退を起こしセックスをしても上手くいかなくなり、定期的にパートナーとのセックスのその回数が減り、自らは進んで望まなくなります。
性欲が減退の結果途中で終わってしまったり、中折れや早漏、勃起不全などを起こし、また勃起するまでや射精するまでに時間がかかる為、セックスが楽しめなくなります。

性欲が弱くなるのはテストステロンの分泌量低下が原因です。

男性の性欲が強い弱いは、個人差もありますが男性は早くは30歳前後から、通常は35歳前後から性欲減退を感じてくるようです。
一般的に最近の男性は性欲が弱くなってきているようです。

要因の一つには、精子製造機能に関することがあり、それは男性ホルモンであるテストステロンの分泌量の低下が原因と考えられています。

男性の精巣は精子をつくる機能があると同時に、男性ホルモンである性欲と性機能をつかさどるテストステロンの合成も行っておます。
性欲を増大させペニスを勃起させてセックスするには、大脳の視床下部からの性的衝動の指示が大変重要ですが、その刺激物質がテストステロンでありテストステロン量や濃度は性的衝動には不可欠です。
テストステロンの代表的な役割は、男性の性欲と生殖機能を高めることで、生殖機能が高ければEDや中折れの心配もありません。

中年気になると体内のテストステロンの分泌量減少し、生殖機能が低下し性欲もなくなり、勃起不全のや中折れの原因になります。

勃起不全のや中折れは、勃起機能の低下の結果で男性なら多くの人に起こり得る
症状です。
男性が性交時に十分な勃起が得られない又は、勃起が維持でず満足いくセックス状態をEDや中折れと言います。

最近、日本で実施された疫学の中折れ、インポ(ED)調査の結果では、現在、40~70歳の男性の半数以上が性欲が低下しEDや中折れの症状で悩んでいるようです。

勃起は、睾丸から分泌された精液が一定量たまると、大脳に体外放出(性欲)したい性欲が起こり性的刺激にすごく敏感になり、ペニスが刺激を受けた場合、交感神経系のシグナルよりも副交感神経系のシグナルが多く伝達されて、下腹部の血液が大量に陰茎海綿体に流入します。
同時にペニスの根元の括約筋が閉じて血液の環流を止め、陰茎海綿体に血液が充満してペニスが硬く大きく勃起します。

ペニスへの血液には二つがあり、ペニスが勃起していない場合は、大部分の血液は動脈‐静脈わき道を流れる為、少量の血液だけペニスに入りその状態を維持します。
刺激物質がテストステロンの働きで、輸入動脈と輸出静脈を流れる血液量が多くなるとペニスの海綿体中の血液量が増え、勃起はより硬くなります。


男性は、通常は、副交感神経系と交感神経系の両方のシグナルが伝達されることで、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態を維持しています。
緊張、ストレス、恐怖、などを感じたとき、副交感神経系のシグナルよりも交感神経系のシグナルが多く伝達され、ペニスは萎縮した状態になります。

男性のインポ(ED)は、ストレスなどの"精神的なもの"と思っている方は案外多いのですが、心理的な要因もありますが、その他にも糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒などの他、生活習慣の影響で男性ホルモンであるテストステロンの分泌量低下により、性欲が弱い体質となりインポ(ED)中折れが起こっています。
こでテストステロンの分泌を促進する効果があり、男性更年期の症状を改善させると、今注目されているのがトンカットアリです。

トンカットアリの服用前と服用後では、精巣でつくられる男性ホルモンであるテストステロン値の変化があり、テストステロン値の増加により精子の数も増加することがわかりました。
トンカットアリのお試用のご案内はこちらから