本文へスキップ


5分で、生理痛の原因と対策あわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■生理痛

日常生活に支障をきたすほどのものを月経困難症と呼び、一般的な軽い生理痛とは区別をしています。

生理痛がおきても生活に問題がなく、鎮痛薬で緩和できる場合は問題ありません。

生理時は、横たわっていないと痛みがひどく耐えられない、家事も痛みでできない、痛みで会社や学校に行けない、このような重い症状が月経困難症の特徴となります。

痛みの他、症状として下痢・頭痛・吐き気や食欲不振などが同時に出てくることも多いので、生理の期間は月経困難症の女性には辛いものとなります。

そして、原因となる病気があり起こる器質性月経困難症と原因の病気がないのに起こる機能性月経困難症など月経困難症には2種類があります。

生理痛(月経困難症)の原因について

精神的なものに起因する痛み
蓄積過労や精神的なストレスは、生理痛を起こす要因となりますし、トラウマ的に生理は痛いものという思いこみがトリガーとなる場合もあります。
規則正しい生活をすることで、肉体的にも精神的にもリラックスするようになり痛みは緩和されます。

病気に起因する痛み
子宮内膜症や子宮筋腫などが原因となる場合は、子宮内膜症の場合については年々痛みが増していき、子宮筋腫の場合は出血量が増え痛みも激しくなります。
病気に起因する生理痛では、時には鎮痛剤などでみ痛みが緩和されないこともあります。

出血困難に起因する痛み
出産の経験がない女性や年齢的に若い女性の場合は、子宮頚管が細い為に、出血をスムーズにできないこともあり、内膜を排出しようと子宮収縮が続くので痛みが増してしまいますが、
これは病気とは異なり、出産を経験すると軽くなることがあります。

ホルモン分泌に起因する痛み
子宮収縮ホルモンが内膜を排出する為に分泌されますが、分泌量が増え子宮もそれに伴い収縮して痛みが増します。
また、このホルモンの分泌量が増えて腸の機能が活発にすることで、生理が始まる便秘が解消されることがあります。

生理中の留意点

入浴時の出血が心配の場合は、タンポンを利用して入浴するのがいいのですが、共同浴場や温泉やなどでは湯船に入らないようにしましょう。
生理中も体は適度に動かすようにして、日頃からウォーキング程度の運動で、血行をよくするための習慣にしたいものです。
スポーツで汗を流すのも問題なく、激しい生理痛でなければ、体操やストレッチ、またマッサージも大丈夫です。

生理痛を緩和する為に、体を温かくするように心がけて体を冷やさないように食事や飲み物も、温かいものを心がけて摂りましょう。
とくに下半身は下着の重ね着などでしっかり温かくしておきましょう。
また、使い捨てカイロなどをを貼る時は、低温やけどに気をつけ、生理は病気ではありませんので、お風呂には毎日入って外陰部はいつも清潔にしましょう。

生理中は、腹部を圧迫しないよう締めつけやすいガードルや細身のジーンズなどは、なるべく避けましょう。
便秘も、臓器を圧迫するので骨盤の鬱血を引き起こしますので便通も良くするよう食材も選びましょう。

薬には副作用があり鎮痛剤の利用はできるだけ避けましょう。
薬とまく付き合う方法を考え仕事中や外出中など痛くなってはいけない場合は、状況に応じて上手に利用することが大切です。
なお、鎮痛剤を飲んでも生理痛が緩和出来ない時は、子宮内膜症の可能性があり病院で診察してもらいましょう。

腹部や頭部の血液循環までもが改善される足浴ですが、日ごろから37、8度のお湯に膝ぐらいまで浸かると効果的です。
足以外の体全体が温まることで生理痛も緩和されリラックスして過ごせますのでお勧めです。足浴は時間は15~20分程度が目安です。

子宮の収縮が生理痛の原因の場合もあります。

子宮はスポイドが吸い込んだ水を出すように収縮して、経血を子宮から排出します。
そして、プロスタグランディンという女性ホルモンがこの収縮を促進させますが、このプロスタグランディンの分泌量が多すぎると収縮が強くなり生理痛を起こします。

また、全身の血管にも作用するため、足腰の冷え、手足のしびれ、むくみ頭痛、腰痛、肩こりを引き起こします。

ホルモンバランスの乱れが原因になる場合も多いようです。
生理不順や生理痛は、婦人科系の臓器に生じた病気が原因で起こることもありますが、ホルモンバランスの乱れが原因になる場合も多いようです。

女性ホルモンの分泌量の低下によって自律神経に変化が起こり、ホルモンバランスを崩し生理痛を引き起こします。
こうしたケースには、生理を起こさせる働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌をサポートするサプリメントなども有効でしょう。

最適なホルモンバランスを維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホルモンバランスの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し自律神経の変調を正常に保ちます。
マカのお試用のご案内はこちらから