本文へスキップ


5分で、月経前症候群の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■月経前症候群

月経前の3~10日に起こる月経前症候群は、月経が始まると症状なくなります。

女性の中には、自覚せず月経前症候群でイライラしたり、偏頭痛などに苦しんでいる人も多いようです。

月経前症候群になると、腰痛や腹痛、生理痛が重いケースが多いと言われています。
女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のバランスの影響をうけて、生理前の2週間前後の間、排卵から生理が始まるまでの間にでてくる症状が月経前症候群です。

生理が始まると、症状が軽くなったり、症状が消えたりする月経前症候群は、症状により精神的にも身体的にも影響を受け、気持ちも落ち込み、抑うつという精神状態になってしまうことも珍しいことではありません。

その為には、基礎体温を計り月経前症候群の早めに予防対策をおこなうことが大切です。
生理痛緩和ににためにも、体内環境や体質の改善そして生活習慣を改めることが、月経前症候群の予防だけではなく健康管理に役立っことになります。

月経前症候群の症状には、身体的症状と、精神的症状の2面があります。

身体的症状について

月経前症候群で起こる身体的な症状としては、多いのが下腹部や腰の痛み、乳房が痛い・張るといったものです。
月経前症候群が起こるのは月経前で、生理周期の中では黄体期に当たり、排泄機能の低下によって身体に水分が余分に貯留され、そのために体の各所に悪い影響を起こしてしまい、それが身体的な症状として現れてきます。

個人差が大きい月経前症候群の症状は人により異なりますが、のどがかわく、むくみ、肌荒れ、ニキビができやすい、化粧のノリが悪い、食欲が増すなどいろいろな症状で悩まされます。

また、アレルギー症状が悪化や手足が冷え、そして便秘ぎみになったりと日頃の生活に大きな影響をもたらすことも多いようです。

精神的症状について

見た目や行動など家族や周りの人も解りやすいのですが、精神的な症状については見た目や行動などではわからないことが多く、月経前症候群と周囲から理解してもらえず、心身症やうつ病などの病気と誤解されたり、気まぐれとか我がままなどと思われたりすることもあります。

月経前症候群の症状により、判断力が下がったり、普段道理に仕事がすすめられない、イライラがおさまらないなど、いつもと違う精神状態になる場合も多いようです。
その他、些細なことで怒ったり、憂鬱、妄想、孤独感、無気力、パニックなどという症状が出てくることもあります。

精神的変調により感情をコントロール出来ず、突然泣き出したり、周囲の人にイライラをぶつけたりすることもあります。
月経前症候群の精神的症状として、抑うつという気分が落ち込んで無気力になったりする状態の症状がありますが、経前症候群の抑うつは、うつ病とは異なる病気です。

時期も年齢も男性女性に関係なく症状がでるのがうつ病ですが、月経前症候群の場合は生理が始まるのを境に気分の落ち込みや無気力感などは改善されます。

女性ホルモンの変調により自律神経に変化が起こり、精神的にも身体的にも影響が出てくる月経前症候群を起こします。。

最適なホルモンバランスを維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホルモンバランスの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し自律神経の変調正常に保ちます。
マカのお試用のご案内はこちらから