本文へスキップ


5分で、「肝斑」シミの原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■「肝斑」シミについて

肝斑の大きな原因は、女性ホルモンのバランスの崩れで、ほとんどが30~40歳代で、約3人に1人が、肝斑と疑われるシミを持っているという結果も出ています。

症状が出ているのは50歳代後半ぐらいまで、その後、閉経の後は薄くなったり、消えたりするようです。
60歳過ぎた高齢者ではあまり肝斑の発症は確認されていません。

肝斑は、女性ホルモンなど、体の内面からの原因が大きいのですが、紫外線により濃くなることもある為、充分な紫外線対策も必要です。
女性ホルモンのバランスを崩すようなストレスのない暮らしが大切です。

私たち日本人には肝斑とういシミが出来やすいと言われています。
色白の人や色黒の人など日本人にも肌の色がさまざまあるわけですが、肝斑は色黒の人に出来やすいと言われています。
また年齢的には30代から40代の女性に出やすい言われています。

女性ホルモンである黄体ホルモン「プロゲステロン」は、子宮に妊娠に備えた準備をさせたり月経周期を決めたり、妊娠後には妊娠を維持する体内環境を作る働きがあります。

また、機能として妊娠に関わる他、利尿作用や血糖値の正常化や体脂肪を減らす作用もあり、同時にホルモンバランスを調整する役割を持っています。
黄体ホルモンのバランスが崩れてしまう妊娠中や、ピル服用中に肝斑が出現するのはこのような理由からです。

ホルモンのバランサーでもある黄体ホルモンは、閉経後は活動が低下してバランスを崩すこと自体が少なくなり自然と肝斑が治るのです。

肝斑はストレスもまた原因と言われています。
メラニンという色素がシミのモトとなるのですが、そのメラニン色素を作るのは「メラノサイト」という表皮にある細胞です。
そして紫外線やホルモンの影響を受けてメラノサイトは活動します。

ストレスによって、分泌されるホルモンがメラノサイトを活発に活動させて、それによりメラニン色素が多く作られますから、
シミが増えてしまいます。
また、ストレスだけでなく、暴飲暴食や不規則な生活、そして睡眠不足もメラノサイトの活動を活発にするホルモンを分泌し肝斑を出来やすくしてしまいます。

肝斑(シミ)の特徴について

*シミが淡褐色である。
*シミが扇状に広がるなど、そばかすのようなやや大きい。
*シミの境界がぼやけハッキリしていない。
*左右対称的に両頬や目の下側などに出現する。
*閉経前後の更年期に出てくる。
*妊娠中やピル服用中にも出現する。
*妊娠初期より後期にだんだんと濃くなっていく場合が多い。
*出産後に濃いままの場合も薄くなる場合もある。
*シミは閉経後に自然に治ることも多い。


女性ホルモンのバランスの崩れが、肝斑の大きな原因と考えられています。

女性ホルモンのバランスを整えてあげると、体内環境や血流が改善されシミの改善に繋がるとされています。

肌荒れやシミをなくし美肌を維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、美肌を維持する治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し、肌荒れやシミをなくし美肌を維持することができます。
マカのお試用のご案内はこちらから