本文へスキップ


5分で、女性ホルモンと肌荒れの原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


     
                    

■女性ホルモンと肌荒れ

女性は女性ホルモンの分泌低下にともない、老化がめだってきてお肌の悩みなどが出てきます。
一般的に女性肌は、女性ホルモンの分泌が減少する20代後半から少しずつ老化してきて、30代を過ぎると毛穴の悩みなどのお肌に関するトラブルがあらわれるようになります。

女性の肌には、女性ホルモンの分泌が大きく関係していますが、肌悩みが起こる原因は女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも大きく関わっおり、その2つのホルモンバランスは、年齢を重ねるごとに大きく変化してきます。

女性の身体には、女性ホルモンと男性ホルモン同時にも存在しており、年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌が低下して男性ホルモンの影響を強く受けるようになります。

女性は20代までは、女性ホルモンが優位に立ち男性ホルモンの働きを抑えて活動している状態です。
それが、30代後半になると女性ホルモンの分泌低下いより、男性ホルモンの活動がより強くなってきます。

これにより、男性ホルモンが優位になり皮脂分泌が過剰になることで、毛穴たるみと毛穴詰まりやテカリ、どのいろいろと肌悩みが出てまいります。

美しい肌の形成には、女性ホルモンが深く関わっているですが、その女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンに2種類に分かれ、ちがった役割を担っています。

卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼ばれ、月経直後から排卵までの約2週間の間分泌されるホルモンです。
役割としては、キメ細かい肌の為に肌や頭皮の皮脂分泌を抑え作用、皮下脂肪の発育を促し女性らしい曲線の体作り作用、血液循環促進作用などがあります。

一方黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれ、エストロゲンが卵子を排出した後に働き出すホルモンです。
役割としては、妊娠する体内を作る作用、頭皮の皮脂や肌の分泌量を増やす作用、体温を上昇させる作用などがあげられます。
よく、女性はお肌の調子が生理後から排卵までがよく、にきびや吹出物、毛穴の開きなど排卵から生理前まではお肌のトラブルが多いようで、これは女性ホルモンに関係があるからなのです。

女性ホルモンの分泌低下にともないあらわれる毛穴悩み対策として、バランスの取れた食生活が大切です。
エストロゲンの分泌を促進するサプリメントのマカは最適ですし、大豆、豆腐や味噌、イソブラボン食品などをバランスよく食べることあ重要です。

さらに血行不良を招く要因のストレスは、上手に解消しながら、良質な睡眠を
とることも重要です。

肌荒れ原因と改善について

女性ホルモンが減少すると、皮膚の脂肪の分泌促進している肌が荒れ、角層が 乾燥してひび割れた状態になります。
25歳頃から女性、男性は50歳を過ぎると肌荒れが起きやすくなり、夏の季節は湿度も高く汗もかくので 肌の潤いが保てるが、
冬の季節は、湿度も低く空気も乾燥している上、汗もかかないので肌荒れが起きやすくなります。
皮膚の化学的・物理的刺激を避ける事とで、肌荒れを防ぐようにしましょう。

入浴では、強く手拭い洗うことはせず、石鹸も毎回使のはあまり良くなく、皮膚が荒れやすい人は、入浴後クリームを塗る顔や手は別として石鹸はたまに使う程度がよいでしょう。

皮膚の細胞は、約4週間を周期新しく変わりますので、日頃から皮膚にいつも十分な栄養を行き渡らせることが、シミ、シワ、肌荒れをなくし美肌を保つ要因でしょう。

肌荒れは、皮膚の細胞の新陳代謝が行われれば、つややかで生き生きとした美肌を保つことができるのです。
ビタミンB群が皮膚の新陳代謝を促し肌荒れを防ぎ、ビタミンEあ抹消血管の血行を促し肌の血色をよくし、良質なタンパク質が健康な皮膚をつくります。

肌荒れをなくし美肌を維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、美肌を維持する治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善することで、肌荒れをなくし美肌を維持することができます。
マカのお試用のご案内はこちらから