本文へスキップ


5分で、生理不順の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


                         

■生理不順

生理不順なのかどうかは、月経周期から判断できますが、この月経周期を認識していない女性が多いようです。

月経周期とは通常、生理が始まり次の生理が始まるまでのことですが、これを生理が終わってから次の生理が始まるまでと数え間違いしている女性も多いようです。
正常な月経周期は約30日で、生理不順の場合では月経周期が長くなったり、短くなったりします。しかし、変動が6日以内なら正常といえます。

生理不順

約28日を目途ににして、卵胞が大きくなり排卵し、子宮が受精卵の生育のため周期的なリズムのなかで体内環境をつくり妊娠、出産の準備をします。
妊娠できなかった場合は、全部出血と一緒に体外に出てしまう月経となります。

一般的には生理は25日~35日に一度の周期で起こり日数は決まっており、月経の始まりを第一日目とし、次の月経の前日までの期間が月経周期です。
最も理想的な生理の周期は28日周期です。この期間はストレスや体調不良によって視床下部が正常に働いていないと生理不順になりますが、2~3日程度の差ならば問題ありません。

生理の期間は、一回目の生理日数はだいたい3~7日間。通常4~5日で終わりますが3~7日範囲内で終わるのであれば問題ありません。

生理が2~3日目をピークに出血量が減少していき7日目頃に終わるのが理想的です。
血量が少量で2日ほどで終わる場合やだらだらと8日以上続く場合は注意が必要です。

排卵日は生理開始日から12~15日間程で、出血量 多い日に1時間に一度ナプキンを替える程度なら問題なく、生理時の出血量は、1回で50gから、多くて200gといわれていますが、量を計るのはのが難しいので目安としては、2~3日以降も出血が多い、夜用ナプキンを使用してももれる、又は貧血をおこすといった状態が続くと何か異常が疑われます。

生理不順の原因としては、

ストレスや蓄積疲労で、視床下部が正常に働かない場合などが、原因の月経不順には、月経周期が24日以内の頻発月経、39日以上の稀発月経、月経がない無月経があります。

女性ホルモンと生理の関係

生理は、女性の妊娠への体内環境を備える重要な機能で、正常に生理がない場合はホルモンバランスが崩れ、身体の環境が変調している信号で、極度のストレスや暮らしの環境の変化、ダイエットでの栄養障害などは、ホルモンバランスを崩し生理不順を引き起こします。

女性の2人に1人が生理不順という現在、その生理不順の要因となっているのが女性ホルモンです。

女性の身体から女性ホルモンが分泌される量は非常に少なく、一生でティ-スプ-ン1杯~2杯ほどといわれており、ごく微量でも身体に大きな影響力をもち、その女性ホルモンの分泌バランスはとても重要なのです。

それだけに女性ホルモンのバランスの乱れを放置しておくことで体や精神に色々な影響が出てきます。
女性ホルモンの乱れは女性の身体を老化させ、50才代で見られる若年性更年期障害の要因にもなります。

それだけではなく、最近20代~30代の女性に増加している子宮の内膜が異常に増殖してしまい、子宮ガンの恐れもあると言われている、子宮内膜増殖症の原因の一つと考えられています。
このように、女性の2人に1人が生理不順ということは、見過ごせない状況と言えるのです。

女性ホルモンのエストロゲンが減少が、生理不順の原因とも言われており、エストロゲン不足は女性の身体に大きな問題を引き起こしています。
エストロゲンが減少をそのまま放置していると、女性が50代頃に経験する更年期と同じ様な状態になり、若年性更年期障害が起こる可能性もあるのです。

生理不順や生理痛の改善には、毎日の積み重ねでストレスや蓄積疲労などの体質改善をすることが重要です。

女性ホルモンの分泌量の低下によって自律神経に変化が起こり、ホルモンバランスを崩し生理不順や生理痛を引き起こします。
こうしたケースには、生理を起こさせる働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌をサポートするサプリメントなども有効でしょう。

最適なホルモンバランスを維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホルモンバランスの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し自律神経の変調を正常に保ちます。
マカのお試用のご案内はこちらから