本文へスキップ


5分で、不正出血の原因と対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


            
             

■不正出血

生理の時以外に女性器から出血する不正出血は、生理不順や生理痛やなどと同様に多くの女性が悩んでいると言われています。

不正出血は生理の以外の出血で、その不正出血には機能性出血と器質性出血の
二つがあります。
不正出血

機能性出血


主に子宮内膜からの出血で、無排卵やストレスなどによる女性ホルモンのバランスの崩れが要因と思われます。

通常は排卵は卵巣の中で育った卵胞が破れて成熟した卵子が排出されますが、排卵しない場合には次の2つの理由があります。
・卵胞が育ってこない場合
・卵胞が育っても破れろの指示がなく、育ったままで後からしぼんでしまう場合


卵胞が育っても指示がなく無排卵出血を繰り返す人は、卵胞は育成されるので女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は良好で、卵巣機能不全としては軽い場合多く治療しやすいに反応しやすい不正出血といえます。

また、卵胞が育たないタイプは、不正出血ではなく無月経になることが多く、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌不足になっている場合が多く、ホルモンバランスの調整が重要になります。

器質性出血

機能性出血のように、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が問題ではなく、ポリープなど他の病気が原因で起こる出血です。

また、過度なストレスや不規則な生活や食習慣などと同時に、年期障害や思春期などが原因となり、ホルモンバランスが崩れた時にも出血することがあります。
毎日の暮らし中で、トレスや不規則な生活や食習慣などの改善を意識して、出血した場合は例え病気や不都合な部位が発見されなくても改善のいいきっかけにしてください。

不正出血の原因と対策がわかる

■普段から怪我をすると、血がとまりにくかったり、歯茎からよく出血する場合は、 血液の病気が原因で不正出血した可能性もあります。
 一度血液の専門の医師に相談しましょう。

■中絶や出産の後の出血の場合は、子宮の回復が良くない可能性がありますので産婦 人科で診てもらいましょう。

■性交の後で出血した場合は、性交の後に出血することを接触出血といいますが、原 因はいろいろあり子宮陰部びらん、子宮頸がんや子宮頸管ポリープの他、子宮体が んでも出血する場合もありますので。念のため婦人科で検査しておくといいと思い ます。

■外陰部にただれやしこりがある場合は、外陰炎や外陰潰瘍かもしれません。

■月経の量が増えたり、月経後にも出血し月経痛があったりしているいる場合は、子 宮内膜症や子宮筋腫などでも過多月経で、不正出血をおこすことがあり注意が必要 です。

■月経と月経の間に少量出血があるの場合は、・中間出血といって排卵の頃に少し出 血することがありので、2、3日なら問題ありませんが、長期に続く時はホルモン バランスを改善する必要があります。

■激しいスポーツや過激な運動をしたときに出血した場合は、子宮頸管ポリープや子 宮陰部びらんがある場合も出血することがあり注意しましょう。

■突然多量の出血があった場合は、多量の出血は子宮や卵巣の病気の可能性がありま すので、婦人科で検査しておくといいと思います。

■かゆみや痛みを伴う出血の場合は、雑菌による膣炎、トリコモナス膣炎、カンジダ 膣炎、淋菌による膣炎、萎縮性膣炎などが考えられ、婦人科で検査しておくといい と思います。

おりものに血が混じった出血の場合は、子宮頸ガン、子宮体ガンの疑いがあります ので、婦人科で検査を受けることをお勧めします。

不正出血が閉経後の場合は、萎縮性膣炎、子宮頸ガン、子宮体ガンの可能性があり 、婦人科で検査を受けることをお勧めします。
 ます。

生理不順・不正出血・生理痛は、婦人科系の臓器に病気が隠れている場合も
ありますが、女性ホルモンのバランスの乱れが原因になる場合も多いようです。

女性ホルモンの分泌低下によって体温の変化が起こり、不正出血もおこります。

最適なホルモンバランスを維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホルモンバランスの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し自律神経の変調を正常に保ちます。
マカのお試用のご案内はこちらから