本文へスキップ


5分で、女性ホルモンのバランス崩れと対策がわかる

電話でのお問い合わせはTEL048-951-8841.


            
             

■女性ホルモンのバランス

ストレスや疲労により心身に負担がかかると、繊細な女性ホルモンのバランスは崩れてしまうこともあるのです。

女性ホルモンのバランス自律神経の中枢である視床下部が、外部かの影響を受てバランスをくずすと、体温の調節がうまくできなくなり、生理不順や冷え症の原因となることが多いようです。
さらに、自律神経の視床下部の変調は、生殖ホルモンのコントロールにも影響をあたえ、生殖機能の低下となり不妊症の原因になるといえます。

視床下部は、ストレスなど外部の影響を受けると、視床下部と下垂体が分泌の指示をしているため女性ホルモンの分泌量が変化してしまいます。
また、栄養不足の要因となる過度なダイエットが原因で女性ホルモンバランスが乱れることがあります。
体も精神も共に安定することは、女性ホルモンのバランスを整えることに大きく影響しているのです。

●食事に気をつけて

基本的に、三食を規則正しく食べて、食生活にリズムをつけます。
魚、肉、野菜、など栄養バランスに富んだ食事をするように心がけましょう。

昼食も夕食もコンビニ弁当ですますことは良くないことで、最近そのせいで動物脂肪が多い食生活を送っている人も多いようです。
ホルモンバランスを崩す要因の動物脂肪が多い食生活は改めて、野菜、肉、魚などの栄養バランスが良く添加物のない食事を心がけましょう。

血流をよくするビタミンEや体を温めるビタミンB群また、ホルモンのバランスを整える大豆製品、そして生理に重要なミネラルとくに鉄分、生理前のイライラには精神を安定させるカルシウムなど、生理不順によい食材などを積極的にとるようにしましょう。

大豆製品
大豆イソフラボンを含む大豆製品は、体内で女性ホルモンと同様のはたらきをすると言われ、低カロリーで高たんぱくの豆腐や納豆など大豆加工品は大変消化にも良く女性ホルモンによい食品です。

マグロ・カツオ
ビタミンB6を多く含むマグロやカツオなどは、エストロゲンの分泌に作用し女性ホルモンのバランスを整えるなす。
魚たんぱく質は、女性ホルモンの分泌に関係するので積極的にとりましょう。

ナッツ類やかぼちゃはビタミンEが豊富
ビタミンEを多く含むナッツ類は、卵巣や脳下垂体に直接作用し、女性ホルモンのバランスに有益と考えられています。
また、抗酸化作用も期待できるビタミンEは、で若返り効果を期待できるようです。

アボカド
重要な成分を数多く含むアボカドは、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンB、葉酸、食物繊維、カリウムなどホルモンのバランスを維持するための有効成分を摂取することができる優た食品です。

● ストレスを取り除きましょう

ストレスによりバランスが乱れてしまう女性ホルモンは、対策としてストレス発散方法をもつことが重要です。
ストレスを取り除くには、何かに熱中することが大切で、軽い運動で汗を流すことや、DIYで何かを作るとか、アロマの香りに包まれ音楽を聞くなど、自分なりのストレス解消法を探してみましょう。

●異性を好きになると女性ホルモンの分泌量が増える。

心のトキメキや幸せを感じる恋愛をすると、ドーパミンが分泌され脳内で快感を感じ、同時にセロトニンというホルモンが活発に分泌され幸福感をもたらします。
このようなホルモンの分泌で幸福感が満たされることで、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌も活発になります。
そのため、恋愛をすると、エストロゲンの分泌が増え肌が綺麗になったり、スリムになり綺麗になる効果も出てくると考えられています。

最適なホルモンバランスを維持する為には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促進させる必要があります。
このような、ホルモンバランスの治療法として、エストロゲンの分泌量を増やす効果が実証されたマカが大変注目されています。
マカを飲むことで、女性ホルモンの過不足が調節され、本来の持つべき最適なホルモンバランスに改善し自律神経の変調を正常に保ちます。
マカのお試用のご案内はこちらから