トンカットアリDX

トンカットアリは、男性の活力をサポート

11.000円[税込割引価格] 通常価格12.300円

100カプセル(36g)

栄養成分表示

1カプセル当たり

■エネルギー:1.17kcal
■たんぱく質:18時~20時 0.054g
■脂質:0.002g
■炭水化物:0.206g
■食塩相当量:0g

原産地:マレーシア (360mg×100カプセル)36g

 

■熱帯雨林に自生するニガキ科の薬用植物

トンカットアリは、マレーシア、インドシナ、スマトラ、ボルネオの熱帯雨林に見られるニガキ科の潅木の1種で、中型で細長く成長すると高さ10メートルほどに達します。
枝がないことも多く先端には赤茶色の葉柄が見られる。
トンカットアリの葉は偶数羽状複葉で長さは1メートルに達します。

各複葉は30ないし40の小葉からなり、各小葉は長さ約5-20センチ、幅1.5-6センチです。
トンカットアリの花は両性花で、小さな花弁は細かい柔毛におおわれており、果実は硬く、長さ約1-2センチほどの楕円形で、初めのうちは黄土色をしているが熟すと茶色がかった赤色になります。

トンカットアリの原産地はマレーシアののですが、東南アジアの国々に分布している熱帯雨林植物です。

中でもマレーシアの熱帯雨林には他の薬この度は、植物も数多く自生しており、マレーシアの熱帯雨林が最後の氷河期の影響をほとんど受けずに地表が削られることがなく古代からの森林環境が維持され保護されて来たことが原因だと思われます。

このマレーシアの熱帯雨林に育った伝承植物として、有効活用され健康の維持や増進に役立ってきました。
東南アジアの人々は大昔からトンカットアリを「マレーシアの朝鮮人参」などと呼んでいたことは有名です。

トンカットアリの特徴は、その苦味ですが他のニガリ科植物と同じように、この苦味が役立つと理解されています。

トンカットアリは、幹や葉に比べ根の方がニガリ成分が多いので、このことを知っていた現地のマレーシア人は主に根の部分をチップ用や粉末にして活用してきました。
天然の成分で、ビタミンB6、亜鉛など、バランスよく含まれアルギニンを吸収しやすくしているのも特徴です。

トンカットアリの成分表はこちら

■大変貴重なトンカットアリ

バイオ研究の世界では、このトンカットアリの遺伝子を稲などの農作物に組み込み、農薬を使用しなくても病気や害虫などの影響を受けずに丈夫に育つ稲などの研究が盛んに行われております。
トンカットアリは、栽培することは非常に難しく、原料となるトンカットアリの根っこは全て野生のものに限られ、しかも、トンカットアリは一般の人では数日間ジャングルに入ったとしても、まず見つけることができない貴重なものです。

トンカットアリDXの自生地はこちら

トンカットアリについては、オランアスリなど、ジャングルに住む特定な人にしかその生息している場所は知られていませんし、収穫には5年から10年位のものを選びます。
また、男性活力に関与する成分(ユーリコマノンなど)は根っこの部分のみにしか含まれていないので、使用できる部分はほんの僅かしかありません。

弊社のトンカットアリはマレーシアの研究所で苗を育て、密林の奥深くに植林し、10年かけて成長したもの根っ子のみを原料とした高品質な商品です。