トンカットアリ成分

トンカットアリは、現在でも多くの実験や研究が行われており、身体に様々な効果があると確認されています。
その要因は、トンカットアリに含まれる成分にあることがわかっています。
この有効成分によりトンカットアリは、テストステロンの分泌を促進し、男性機能の低下の回復や疲労回復や健全な精子の育成をもサポートすると期待されています。

トンカットアリの主な成分はグリコサポニン、ユリペプチド、カシノイド、アルカロイド、ステロール、テルペノイドです。

ビタミンB6 食物からエネルギーを作りだしたり、筋肉繊維や血液を作る栄養素です。
亜鉛 精子の形成に必要とされる栄養素で、タンパク質の代謝にも役立つミネラル類の一種です。
アルギニン 性機能の改善や成長ホルモンの促進や疲労回復にも効果があるアミノ酸の一種です。
グリコサポニン ホルモンの生成にも関わる成分で、筋肉や内臓の働きをサポートする機能があります。
カッシノイド 強烈な苦み物質で、滋養強壮効果と抗がん作用あり希少性の高い成分です。
アルカロイド アルカリ性の性質が特徴で、トンカットアリに含まれるアルカロイドには毒性がなく抗炎症作用やリラックス効果と血行を良くします。
ユリペプチド テストステロンの分泌量を増やす作用があるペプチドの一種で、勃起不全や滋養強壮への効果はユリペプチドの作用によるものです。
ステロール コレステロールの値を抑える効果がある植物の細胞を構成する成分です。
テルペノイド 精神をリラックスさせることや高血圧を予防する作用があります。
ポリサッカライド 血糖値を下げたり免疫力を高める作用がある成分です。

トンカットアリの天然の成分が優秀なのは、アルギニンを吸収しやすくするビタミンB6、亜鉛など、バランスよく含まれてテストステロンの分泌をサポートします。
男性ホルモンのバランスが崩れるとテストステロンの分泌に影響がでてしまい、テストステロンの低下につながります。

テストステロンの減少LOH症候群)は、健康感への不安、いらいら、うつ、不眠、集中力の低下、性欲の減少などが現れます。
身体の症状では、筋力低下、疲労感、頭痛、性機能低下、頻尿、朝立ちの消失、などが現れます。