ストレスが要因の病気について

ストレスと病気

たちは仕事はやりがいも感じますが、イライラしたりストレスを感じたりするおとも多くそんな日常生活の中で、風邪や二日酔いなど体調不良ではない時、吐き気があったり、嘔吐したりしてしまうことがあります。

下痢、腹痛

「胃腸は心の鏡」ということわざのようにストレスと胃などの消化器官は密接な関係にあり、ストレスを感じることで、胃痛や胸焼け、
下痢や腹痛を引き起こすことがございます。
暴飲暴食や食当たりなどではなく、原因不明の下痢や腹痛の症状がある場合は、ストレス性が疑われます。

急性・慢性胃炎、胃潰瘍

ストレスでの吐き気、嘔吐の症状の他に胃に違和感や痛みが生じるばあいもあります。
神経性胃腸炎やストレス性胃腸炎、慢性胃炎などと診断されて検査をしても炎症が無い場合も多い症状です。

胃がストレスによる機能不全になると胃酸の分泌量も乱れるため胃酸が過剰に分泌され胃痛が起こしたり、胃壁を傷つけて胃潰瘍になることも珍しくありません。
吐き気、嘔吐の他に胃痛などの症状が続く場合は病院で診察してもらうようにしましょう。

逆流性食道炎

ストレスが溜まると少しの量の胃酸でも食道が反応し胸焼けや、胃から上がった酸っぱい胃酸が口に広がることが起こりやすくなります。
症状が長引けば、胃から上がった胃酸が食道を荒らし炎症や腫瘍を発生させ逆流性食道炎になることも多いようです。

うつ病、神経症

ストレスが原因で発症するといえば、うつ病、神経症などでが、どちらも心の病気と思われがちですが、不調がおこす症状として吐き気、嘔吐があります。
また、医師より処方された抗うつ剤などによる薬の副作用から、吐き気を引き起こすこともあります。

メニエール病

メニエール病は、激しいめまいと耳鳴りに襲われ立っていられないほどの症状が出ます。
特徴としては、脳ではなく原因が内耳にあることです。
耳鳴りや聴覚の異常、めまい、頭痛などの症状が現れ、30代~60代の女性に多い病気です。
神経質で几帳面な性格の人がなりやすいようで、他の原因としては、日々のストレスや不規則な生活、睡眠不足、偏った食生活などが考えられます。
予防のためには、生活を規則正しくしてストレスをため込まないようにしましょう。