ストレスと生理不順

極度のストレスや生活環境の変化、不規則な食事による栄養障害や蓄積疲労などは、ホルモンバランスを崩し生理不順を引き起こします

生理がないということは、ホルモンバランスが崩れ、からだの機能がおかしくなっているという赤信号で、人間関係などによる精神的ストレス 無理なダイエット 激しい運動 規則な食生活や蓄積疲労などにより、ホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、他方の副交感神経の働きが抑えられてしまいます。

ホルモンバランスに影響される自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、心臓や胃腸、血管、内分泌、汗腺などの内臓器官の働きをコントロールしている神経のこと。交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は心臓を活発にするため交感神経が、寝ている時は心臓の働きをゆっくりさせるために副交感神経が働くというように、相反する働きをしながら、互いにバランスをとって内臓の働きを調整しています。

自律神経中枢は、大脳の視床下部にあり、ここには女性ホルモン、免疫機能のコントロール中枢のほか、体温、食欲のコントロール中枢もあります。
そこで、どれか一つにトラブルが起きると、他の中枢機能にも影響が出てくのです。

卵巣に起こる周期的変化は視床下部と下垂体前葉の機能によって調節され、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンの分泌量には、その周期性変化につれて変化が起こります。
下垂体と視床下部とは密接な関係があり、下垂体の内分泌機能は視床下部から分泌される放出因子・抑制因子というホルモンによって調節され、下垂体はいろいろな内分泌腺の上位中枢として卵巣機能も下垂体から分泌されるホルモンによって調節されています。

また、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンが逆にフィードバックして下垂体と視床下部のホルモン分泌を調節しています。
近年、神経伝達物質であるノルアドレナリン、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンなどが、視床下部の性腺刺激ホルモン放出ホルモンに影響を及ぼすことが明らかにされ、卵巣機能に対する環境や精神的要素の影響はこれらの物質を介することがわかってきました。
つまり、月経を直接コントロールするのは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)ですが、この女性ホルモンの分泌は脳の中の下垂体でつくられる黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンによって、さらに細かい調節を受けています。

元を正せば月経も脳でコントロールされているのです。

さらに、脳の中で月経をコントロールしている視床下部下垂体という部分はストレスの影響を強く受けてしまう場所ですので、環境や体重減少、精神的な悩みなどの急激な変化で、ストレスが生じると、体が「危機」と感じとり、月経が乱れたり止まったりするのです。

戦時中やインフレ不況の社会ではその間、無月経となる例も多いようです。