ストレスと胃の不調

胃の不調はさまざまな要因で引き起こされます。
暴飲暴食でもないのに胃の調子が悪くなるのは、ストレスかもしれません。
悩みがあり不眠が続いたり仕事による緊張したり、また、辛い事や悲しい出来事あると胃も影響をうけて不調になります。
この症状は、ストレスにより不安や緊張が増えてくると、自律神経である交感神経と副交感神経が刺激されることで胃の変調が起こるのです。

ストレスと胃は密接に関係しています。

極度の緊張が起きると、胃粘膜の血管が収縮して、けいれんを起します。
そうなると、血液の流れが悪くなって、粘膜細胞への栄養の供給が止まり、
いろいろな刺激から胃粘膜を守っている胃粘液が作られなってしまいます。
さらに、精神的緊張は、神経を刺激して胃酸などの分泌を活発にするといわれています。
このように、ストレスを感じると、胃内では、胃酸などの攻撃因子と胃粘液などの防御因子の分泌バランスが崩れてしまい、胃粘膜への刺激が強くなり、胃痛や胸焼けなどの不快症状が起きるのです。

このようなストレス状態が続くと胃粘膜の抵抗力が低下し、胃の中のピロリ菌が活気づいて胃炎を引き起こすこともあります。
暑さや寒さそして蓄積過労のような身体的なストレスも、胃の不調を引き起こす要因になります。

ストレス社会の現在、ストレスが原因で不調になる人は多いようです

胃の不調にストレスが関係している場合、ストレスをコントロールするのも大切なんですが、興味があることに集中したりして気分転換することが有効です。

また、胃痛や胸焼けなどの症状が出てきたときは、食生活上の工夫として、カルシウム、ビタミンなどの栄養分を意識して摂取すると良いでしょう。
胃粘膜を保護し出過ぎた胃酸の働きを抑える胃薬を試すのも良いでしょう。

そして睡眠を十分とることです。

睡眠は胃を休めて気持ちや体力をを回復させますので、寝る前に入浴したりストレッチするのも精神と身体を安定させ自律神経の変調を改善する一つの方法です。