ストレスと吹き出物

残念ながらストレスをなくすことはできませんし、生きている限りストレスは続きます。
といいますのは、ストレスとは、本来、生物が外的あるいは内的な刺激に適応していく過程そのものを概念化したものだからです。

つまり、気候が変わればそれに適応し、飲み水が変わればそれに適応し、心理的なショックを受ければそれに適応していく、そうした環境に適応していく時の反応とプロセスのことをストレスというのです。

ストレスの種類について

①物理的・化学的ストレス・・・騒音、温度、湿度、けが、有害物質、薬物、大気汚染
②生理的ストレス・・・・・・・過労、睡眠不足、栄養不足、ウイルス、細菌感染など。
③心理的・社会的ストレス・・・人間関係の葛藤、欲求不満、不安、心配、緊張、怒り、失望など。

現在、私たちが社会生活の中で抱えるストレスはとても大きいものです。
ストレスを抱え込むことでホルモンバランスは大きく乱れてしまいます。
ストレスを溜めない事がお肌に一番良いですが、簡単にストレスを減少させる事は容易ではありません。

だからこそ、時間をかけてでも自分にあったストレス解消法を見つける事が大切です。
毎日、無理のないゆとりを持った生活を送れるように計画を立ててみる事もお肌にも吹き出物にも効果的でしょう。

食事は油ものが多くなると出やすくなります。

生活のリズムが崩れると、ホルモンのバランスも崩れる傾向があるため、自覚していなくても体にはストレスとなっていると思われます。
日々の生活でストレスを溜めていると、自律神経や副交感神経のバランスも崩れることになります。

リラックスするための時間が必要になるでしょう。
排泄は体に老廃物をため込まないように、便秘にならないように適度な運動をして腸を活性化させたり、食物繊維の多いものを食べるなどの工夫してみましょう。

ストレスがたまると自律神経が乱れます。

自律神経の乱れると腸の働きが抑制され、胃炎や便秘になり有害物質が腸に溜まります。
腸に溜まった有害物質が吸収されるとお肌にも影響を及ぼし、吹き出物が出来やすくなるのです。

ストレスに強くなる栄養素

ストレスを完全に避けることは不可能です、
そこで大切な事が上手なストレス解消とストレスに負けない体づくりなのです。
ストレスはホルモンのバランスを崩す原因となりますが、体内のホルモンバランスを正常にもどし、かつストレスに強い体をつくってくれるのが栄養で、ビタミンやミネラルは特に神経やストレス、免疫力に関する栄養素です。

そのメカニズムはまだ究明されていませんが、さまざまな実験や調査により、ストレスが免疫力を低下させることがわかってきています。

阪神大震災後の生活でストレスを受けていると答えた人は、ストレスを感じないと答えた人よりも10~25%も免疫力が低下していた、という大阪大学医学部の調査結果などがその例です。

反対に、シルバーコーラス部の女性のNK細胞(免疫細胞のひとつ)の活性度を調べたところ、平均値よりも20~30%高く、さらにコーラスの練習後の値はもっと高くなっていたとの調査結果にもみられるように、精神が高揚したり開放的になることで免疫力は増すと言われています。
「笑う」「前向きに考える」「ストレスを上手に発散させる」などの工夫をしてみることも大切でしょう。