足根管症候群

足首やくるぶしの痛みにプラスして、足の裏がしびれるという方はこちらが疑われます。
足根管は骨性の壁と屈筋支帯によって囲まれた管のことで、足根管症候群とは、何らかの原因で足根管の内圧が高くなり、足根管内に存在する脛骨神経が圧迫されて、痛みやしびれを引き起こす疾患です。

足首の内側、いわゆる「内くるぶし」のかかと側にある神経・血管の通り道「足根管」が何らかの原因で狭くなり後脛骨神経が締め付けされることにより発症します。

足根管は屈筋支帯により覆われています。多くは原因が不明の特発性ですが、なかには外傷、ガングリオンなどによる圧迫、きつい靴などを履くことによる外部からの圧迫のこともあります。

女性の手のシビレで一番多い手根管症候群の足版とも言うものです。
足の裏に行く神経(頚骨神経)は、内踝の下を通って二本に分かれ、足の裏の内側と外側に分かれます。
内踝の下では、趾を曲げる腱が一緒に通るトンネルがあり、このトンネルで神経が締め付けられて、シビレが起こります。
但し、踵の部分には、頚骨神経が内踝の下を回るよりもずっと中枢で枝分かれして降りて来るため圧迫を免れますので、踵はシビレません。

症状としてのしびれの感覚は、ピリピリ、ジンジンと表現されることが多いです。その他に、異物付着感、冷感・熱感などいった症状があります。
異物付着感は、“足の裏にお餅がくっついている感じや素足で砂利道をあるいている感じなどです。

踵に向かう神経の枝は足根管よりも手前で枝分かれするので、これらの症状は一般的に踵には無く足裏の前方にあるようです。

原因としては、外傷後足首の捻挫、果部骨折、踵骨骨折などや足首の変形、ガングリオン、静脈瘤、動脈硬化した動脈などの圧迫によって起こる事もありますが、全く原因が特定できない症例もみられます。

症状は足底部の痛みやしびれです。これらの症状は圧迫をうけた神経領域へ放散する痛みや異常知覚(ピリピリする、ジンジンする感覚)として訴えられます。しびれについては、よく「砂利の上を歩いているよう」とも訴えられます。
又、しばしば、痛みは夜間痛や運動時痛として認められます。

診察では足根管部の圧痛やTinel 徴候(圧迫された脛骨神経を軽く叩くと、足底や足先へ痛みが放散します)が陽性か、足底部や足趾の知覚障害はないか、を診ます。レントゲン検査では特徴的な異常所見はありません。診断は圧痛部へ局所麻酔を打って、痛みなどの自覚症状が軽快すればほぼ確定します。