合成サプリと天然由来サプリ
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
合成サプリメントと天然由来サプリメントについて

合成のサプリメントと天然由来サプリメント

天然由来と合成のサプリメントとは
天然の素材のみで作ったのが天然サプリメントで、合成サプリメントは、「薬品などを合成して作った物」です。
しかし、天然サプリメントには、「天然素材からビタミンを合成的に作る物」と、「天然の食物を殆どそのまま栄養素として使っている物」とのも2種類あります。

解かりやすいように、簡単に分類すると次の3つに分けることができます。


(A)化学合成サプリメント
(B)天然素材を利用して、化学合成したサプリメント
(C)完全な天然サプリメント

まず、解りやすい違いを述べると、A→B→Cと下にいくほど価格は高くなっていきます。
そしてA→B→C下にいくほど製造メーカーと扱っているお店が少なくなります。
つまり「化学合成サプリメント」は値段が安く、いろんなメーカーが作っていて、どこでも手軽に買う事ができるますが、逆に「完全な天然サプリメント」は値段が高く、作っているメーカーが少ない上に売っているお店が少ないという状況です。


つぎに実際にサプリメントを摂った時の作用の違いなのですが、ビタミン単体でみた時は、合成も天然も殆ど変わらない物もありますし、ビタミンEの様に天然の方が抗酸化力の高い物もあります。
ただ「化学合成サプリメント」も「天然素材を利用し、化学合成したサプリメント」も成分表に書いてある、ビタミンやミネラルしか入っていません。
ところが「完全な天然サプリメント」の場合は、食物がもともと持っているカロチン群、フラボノイド、ファイトケミカルをも同時に取込めます。これら物質を説明すると、さらに長くなるので割愛しますが、
簡単に言うとビタミンの働きを助けたり活性酸素を除去したり、人に有用な作用を示すことが知られています。

ですから、「完全な天然サプリメント」を選択するのが賢明ですが、値段がすこし高く、コンビニなどで手軽に買えないし、他の物がけっして悪いわけでは無いので、予算と相談をして自分が望む健康スタイルに合わせて選ばれるのがいいと思います。
天然サプリメントと合成サプリメントの違い
安全や身体への負担を考えると、品質的に優れているのは、天然由来のサプリメントです。
その理由としては、吸収率の高さが挙げられます。通常、食事から摂る場合でも、必ず数十種類の栄養素を一度に摂っているように、栄養というのは単体では摂取できにくいものです。

私たちの身体は、こうした摂取方法に合わせたメカニズム、つまり、いくつかの栄養素を一緒に摂ったほうが吸収しやすいようになっていますので、例えば、ビタミンCの場合、まったく同じ化学式を持った「アスコルビン酸」と比較すると、その吸収率は約1:0.5、すなわち半分程度と言われています。
なぜ、これほど違うかと言うと、天然のビタミンC、例えば、レモンから抽出されたビタミンCには、"タンパク質、糖質、脂質などの微量の栄養素(=不純物)"が混じっていて、それらが吸収をサポートします。
「えっ、不純物?」と思われる方もいるかもしれませんが、実はこれが吸収率に大きく影響を与えているのです。

また、人間の身体には、自分の健康を守るために、「不要なものを体外に排出する」機能がありますが、合成のものは、ここで引っかかってしまう場合も多くあるようです。
合成物の原料には石油などが使われていますので、身体が受け付けず、
そのほとんどを排出してしまうというわけです。
しかも、その際、胃腸に負担をかけやすく、場合によっては、胃もたれや胃痛などを起こすケースもあるそうです


天然サプリメントと合成サプリメントの見分け方
まず、その違いは、正確にそして確実に価格に反映されます。
したがって、非常に安価なものはまず合成と思って間違いはないでしょう。

海外サプリメントは天然成分由来と合成のものがほぼ半数のようですが、日本製は残念ながら、合成のものがほとんどのようです。

錠剤やカプセルの「見た目が悪いもの」は天然成分のものが多いようです。
天然成分の錠剤やカプセルは原料の色が混じるのできれいにはなりません。
もちろん、錠剤やカプセルを2つに割って中を見ても同じです。
逆に合成の錠剤は、白っぽくきれいなものが多いです。
添加物や凝固剤・着色剤を使用して、光沢があったり、きれいで飲みやす く加工してある場合が多いようです

独特の強烈なにおいがして、味わってみると、「複雑な味(まずいです)」がするものは天然です。
一方、合成の錠剤や粉末は、飲みやすくする為、ほぼ無味無臭です。
 
カプセルの場合は、継ぎ目がないものは合成、あるものは天然です。
特にこのケース、つまり継ぎ目がないものに関しては、原料に身体によくない添加物が使われている可能性が高いです。

一方、カプセルで継ぎ目のあるものは、たいていゼラチンを原料としています。
ただし、ゼラチンには牛を原料としているものもありますので、
できれば、より安全で身体にやさしい植物由来のカプセルがベストです。
ちなみに、植物由来のカプセルは2倍以上のコストがかかる為ほとんどは、採用されていないようです。

最近は、合成のものはいくらでも具術的に細工が可能なので、完全に見分けることはできませんが、
簡単な判断基準程度にはなると思います。
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ