中折れ・勃起不能(ED)へのお役立ち
HOMEこだわり天然と合成|サイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
精力・精力減退・勃起不能・中折れについて
中折れ・勃起不能について

男性の場合、性欲は25歳をピークに前後5年間が最も強く、30歳を過ぎる頃からゆるやかに下降線をたどるといわれております。
体力が衰えると、性欲もそれに比例して衰え、さらに病気や精神的なストレスや環境ホルモンの影響がある場合は、その影響をもろに受け精力減退や勃起不能などを起こしてしまいます。
ですから過労気味だったり深刻な悩みを抱えていたりしていると、30代、40代でも勃起不能(インポテンツ)に陥ってしまい、実際問題としてこの働き盛りの若い世代でも精力減退に悩む人は想像以上に多いようです。


さて、このようにして精力減退が起こるわけですが、性欲は性ホルモンと深く関係しています。男性ホルモンは睾丸と副腎より分泌されるホルモンですが、ストレスなどによってこのホルモンの分泌量が減少すると精子の発育が悪くなって、勃起中枢が興奮しにくくなり、その結果、精力が衰えるというわけです。

そこで、精力を回復させるには、男性ホルモンの分泌を促したり、勃起力を高めたり、性器の機能を高めることが大切です。

精力減退や中折れ、勃起不能と環境ホルモンについて
この50年間というもの、人間、動物、そして魚でも、精子の数が減少し続けているとモントリオール大学のセルジュ・ベリズル教授(産婦人科学)は報告しています

原因はまだ特定されていなせんが、大気の汚染や食生活(インスタント食品など)食品の保存や着色物質の他、ポリ袋やプラスチック容器に入ったものを、電子レンジで温めるとプラスチックが熱されたときに浸出する化学物質や、ほとんどの殺虫剤に使用されている内分泌撹乱化学物質、いわゆる環境ホルモンと呼ばれる一連の化学物質が動物の生殖システムに大きな影響をもたらし、精力減退や中折れ、勃起不能にも関係している場合多いようです

その結果、日本でも1990年以降、「精子数」に強い減少傾向と精子の活動性が低下しているようです

精力増強作用の成分について
精力増強作用を担う成分は、ヨード(ヨウ酸)・亜鉛・アスパラギン・アルギニン・ビタミンEなどで、これらの有効成分の相乗効果によって、身体の生殖器を刺激し、性能力を活性化させるのです。

■亜鉛

ホルモン分泌を改善して、精子や卵子づくりを活発にし性能力を高めますので、生殖器管の発達、生殖能力の維持には欠かせません。

■アスパラギン

有害なアンモニアを体外に排除したり、神経系を守るアミノ酸で、エネルギー代謝に関与し、疲労に対する抵抗力を高め、スタミナを増やす働きがあります。

■アルギニン

必須アミノ酸の一つで、成長ホルモンを合成し、免疫反応を助ける働きをすると共に、生殖の機能を高め、男性の精子の数を増やします。アルギニンが不足すると男性の不妊症を招きます。
血管や内臓の老化を抑制して、若々しさを復活させる力があります。

■ビタミンE

若返りのビタミンといわれ、細胞を強化し、老化・成人病を予防する働きがあり、もともとは不妊症治療ビタミンとして登場したように、ホルモンバランスを整え、生殖機能を増す働きがあります。

また、男性器が完全に勃起できない勃起不能(インポテンツ)や性交にいたるまで勃起を持続できない、あるいは性交できても、萎えて射精できないなどの場合は、糖尿病や肝臓病などの病気が関係していることもありますが、大半は精神的な理由によるものです。

この場合は、でんぶんの分解成分であるデキストリンを摂取することで、下腹部の動脈(陰茎動脈)の血液の流れを活発にして、勃起を促進してくれます。
また、植物性アルカロイドやステロイドを摂取することで、勃起不能を改善します。


                              あなたの精力・男性力の診断はこちら
精力減退の原因が、加年による男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下・精神的な自信喪失や不安・慢性の疾患や過去の病気・薬などの服用による副作用による場合は、サプリメントを活用することで、解決することが期待できます。
                                         
 >トンカットアリのご説明はこちら


トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ