生理前症候群・月経前症候群(PMS)についてご説明しています
HOMEこだわりサイトマップお支払いと送料ショッピング通販法表示お問合せ
生理前・生理前症候群・生理前症候群の症状・生理前症候群の原因・生理前症候群の緩和について

生理前症候群・月経前症候群(PMS)とは

生理前になると決まっていらいらしたり、暴飲暴食をしたり、腰がいたくなったり、気分がめいったりする女性は非常におおいようですね。
生理前1,2週間の間に起こるそれらのしょうじょうを月経前緊張症(PMS)、または月経前症候群(生理前症候群)と呼びます


症状は、人によって実に様々です。「胸が張ってくる」「下腹部に痛みを感じる」といった身体的なもの、 あるいは、「怒りっぽくなる」「理由もなく悲しくなる」というような精神的なものなど、例をあげればキリがありません。
PMSは、排卵のある(妊娠が可能な)女性であれば、誰にでも起こり得る症状です。 決して、特別なものではありません。むしろ、女性として健康である証でもあります
月経前症候群8生理前症候群)の症状とは
月経前症候群とは生理の約2週間前から起こるココロとカラダのトラブルの総称です。
もうちょっと詳しく言うと、ホルモンのアンバランスさにともなって日常生活に差し障るさまざまな症状が一群となって現れることをいいます。

月経前症候群とは月経の3〜10日前より現れる不快な症状で、月経が始まると同時にすっとなくなるのが特徴です。
以前はイライラなどの精神症状が主と思われていたので、「生理前緊張症」と呼ばれていましたが、体の症状のみを感じる人も多いので「月経前症候群」という名前に変わりました軽いものも含めると生理のある方の6割にみられます。
症状としては、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、眠い、にきびが出る、気持ち悪い、便秘などを感じことが多いようです。
また、精神的にはイライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になるなどが多いようです。
■生理前症候群(月経前症候群)の症状とは
関連情報
生理周期
生理不順
更年期障害
生理痛
女性ホルモン
1)月経のある女性のみの症状である
2)排卵から月経前、プロゲステロンが活発になる時期(黄体期)に出現する。
3)月経終了後、プロゲステロンが必要とされない時期(卵胞期)には消失する。
4)月経の周期に伴い反復して出現する。
5)症状が賢著に現れるのはパラ月経期に集中し、経血量の減少と伴に症状も消失する。
6)血液中のプロゲステロン値が非常に高くなる妊娠中は症状がみられない。
■更年期症状と同じメカニズム

これら生理前症候群は、まさに更年期症状と同じメカニズムでおこります。
更年期症状は女性ホルモンの低下により、頭痛、めまい、はきけ、肩こり、腰痛、冷や汗、吹き出物、浮腫など、ありとあらゆる症状を呈します。原因はエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモンの低下ですが、生理前から生理中にかけて、女性ホルモンは最低値になります。これが悪の元凶です。生理前はまた、セロトニンというイライラをしずめ、精神を抑制する系統のホルモンが低下するので、短気になって攻撃的になったり、気分がうつになったりもします。こういった症例は多いというよりも、女性の宿命と言ったほうがいいのかもしれません。すべてホルモンのせいです。体調も性格も人格も変化してしまいます。むしろ、この時期と上手につきあう方法を身につけるべきで、これは訓練でどうにかしなければなりません。どうにもならない場合は現代医学の力を借りて薬で押さえます。人によりその症状の差があるのは、ホルモンの分泌料や感受性が人によって様々だからです。かなりたいへんな症状ではありますが、少しずつ克服していくしかありません。

月経前症候群8生理前症候群)の症状を緩和
栄養バランスの良い食事を心がけましょう
甘い物をひかえる→血糖値の変動による疲労感や憂鬱をへらす
カフェインをひかえる→神経が過敏になり興奮しないように
脂っぽいものはさける→にきびの原因となる塩分のおおいもの、
インスタント食品はさける→水分が体に溜まりむくみになる
ミネラル、マグネシウム、カルシウムなどの神経をおちつかせる働きが
ありますので野菜などはたっぷりとりましょう

血行をよくしましょう
下腹痛、腰痛、頭痛は血行が悪くなる影響なので積極的にからだを動かしましょう。
イライラ、憂鬱などの気分を解消するのにも役立ちます。散歩や水泳、ストレッチなど
がよいでしょう。

ただ無理にはやらず適度に楽しくやりましょうB 自分にあったリラックス法を
見つけるまた、少しぬるめのお湯で半身浴をじっくりするのもよいでしょう
■女性本来の持つべき最適なホルモンバランスを保つことが大変重要です
ホルモンの過不足が原因の症状は、意外と多いものです。
女性モルモン(エストロゲン)の分泌がうまく行われていない為の、自律神経の変調による精神的な、イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる、不眠及び体調的な、下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、肌が荒れる、にきびが出る、冷え性、便秘、などのお悩みの症状は、ホルモンバランスを改善されることで、緩和されてくるでしょう。
■もうマカをお試しになられましたか?
マカにはホルモンバランスを整える作用があります。
マカの作用は、男女に関わらず、性ホルモンのバランスを良くして、性的能力を上昇、妊娠をしやすい体内環境を整えます。

また女性の場合、生理や更年期に伴う症状の改善に効果があり、男性の場合、精子の数を増強するという研究報告もあります。
エネルギーを高める活力を生み、疲労回復作用もあるようです。

マカに含まれている成分は、タンパク質、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ミネラル、カルシウム、鉄、亜鉛、ヨード、脂肪、繊維、カロチン、アルカロイド等々、列記しきれないほど実に多彩で、私たちが生きていくために不可欠な、アミノ酸もバランスよく含有しており、アメリカのZASAが宇宙飛行士の食料として採用した優れた食品です。

ナチュラルインデックスは、「より元気に、より健康に」を合言葉に、身体にやさしく負担もすくなく、その上安心と安全の、天然純粋100%のサプリメントで、お悩みの症状へのお役立ちをしたいと思っています。

お手軽なお試用もご準備いたしておりますので、まずはお試しくださいませ
トップページマカキャッツクローサメの軟骨コウノトリの羽
通信販売法||お支払いについてお試用購入商品ご注文お問い合わせ